top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

神奈川大vs中部学院大

高校野球ドットコム

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

代打策が的中した神奈川大が逆転勝ち!

コールドを決める適時打を放つ9番・本田

 関東五連盟第二代表の神奈川大が北陸・東海三連盟代表の中部学院大を下した。

 神奈川大は1回戦で6回自責点0に抑えたエースの神野 竜速(3年・西武台千葉)が「立ち上がりから球が高かった」(岸川雄二監督)とこの日は本来の調子ではなく、3回途中4失点と苦しい投球。それでも2番手の川合 勇気(掛川西)が6回までの3回1/3をパーフェクトに抑える好リリーフを見せ、流れを呼びこむ。

 打線も3回裏に4番・土井 克也(3年・唐津商)が2点適時二塁打を放つと、5回裏にも相手のバッテリーミスで1点を返し、1点差に詰め寄った。

 しかし、7回表から登板した3番手の前田 秀紀(4年・聖光学院)が1番・藤本 舜(4年・秀岳館)に右越えソロ本塁打を浴び、リードを2点に広げられる。中部学院大にとっては貴重な追加点となったが、「ちょっと安心感が出たのかもしれない」(大西淳史監督)とこの直後から試合が大きく動いた。

広告の後にも続きます

 2点を追う神奈川大は7回裏、無死二塁から4番・土井の適時二塁打で再び1点差とすると、一死一、三塁から7番・有安 晟真(4年・東海大福岡)がセーフティスクイズを決めて同点に追いつく。

 その後、二死一、二塁となり、中部学院大は先発の秋田 稜吾(4年・東海大相模)に代えて、齊藤 烈矢(3年・生光学園)をマウンドに送ると、神奈川大も代打に小林 将輝(4年・桐光学園)を起用。両チームともに勝負を懸けてきた。

 1ボール2ストライクからパスボールで二、三塁にチャンスが広がると、「自分が決めるという気持ちで打席に立ちました」という小林がフルカウントからのストレートを振り抜き、レフトの頭上を越える2点適時二塁打で逆転に成功。ここ一番での代打策が成功し、神奈川大がこの試合で初めてリードを奪った。

 これで勢いに乗った神奈川大は8回裏に5点を加え、12対5で8回コールド勝ち。11年ぶりの4強入りを決めた。

 準決勝では全日本大学野球選手権を制した慶應義塾大と対戦する。「どこが相手であったとしても我々の野球ができれば、しっかりとした試合になるじゃないかと期待をしています」と岸川監督は優勝候補との対戦にも自信を見せていた。相手と違って連戦になるが、この試合の勢いをそのまま持ち込むことができるだろうか。

(取材=馬場 遼)



2点適時二塁打を放つ4番・土井克也

2点適時二塁打を放った森翔太朗

勝ち越しの2点適時二塁打を放つ代打・小林将輝

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル