top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【ワンピース】モモの助は巨大な龍になる!? 310話イラストや京都取材から考察!

ホンシェルジュ

みなさんこんにちは!研究室長のユイです。

本日はモモの助が巨大な龍に成長するという考察になります。10年以上前に描かれたイラストや尾田先生の京都への取材から、衝撃の伏線を発見しましたよ!ぜひ最後までご覧くださいね。

「ワンピース」310話のカラーイラストに決定的な伏線が⁉︎

今回は、モモの助が大人の姿になり立派な龍になるのではないか、という考察をしていきます!

この考察を始めるきっかけは、「ワンピース」33巻収録の第310話のカラーイラストに、ピンク色の龍が描かれていたことがきっかけでした。

このイラスト内でルフィが着ている服には、光月家の家紋にも使用されている「鶴丸」という紋が描かれていますし、何よりもピンクの龍という部分でモモの助と一致しています。

このイラストの右下に「暫」と描かれていますが、これは有名な歌舞伎の演目の一つです。

ワノ国の赤鞘九人男達のモデルは大半が歌舞伎役者がモデルとなっていますので、そういった部分でもこのイラストとワノ国は関わりが深いと言えそうです!

著者尾田 栄一郎 出版日

モモの助はどうして龍の力を手に入れた⁉︎

広告の後にも続きます

ワノ国編までのモモの助の状況を、まずは簡単にまとめておきたいと思います。

モモの助は、20年前にオロチによって父親である光月おでんを殺され、モモの助自体も危機的な状況になりましたが、母親である光月トキの「トキトキの実」の能力によって20年後の世界に飛ばされます。

その時に同時に20年の時を超えたのが、錦えもん、カン十郎、雷ぞう、お菊、モモの助の5人でしたね!

お菊は情報収集のためにワノ国に残り、雷ぞうはゾウ、カン十郎はドレスローザで別れ、錦えもんとモモの助の2人はパンクハザードへと迷い込みました。

そこでモモの助は偶然、ベガパンクが作った失敗作の悪魔の実を食べ、龍の姿になれるようになりました。

ここで食べたベガパンクの作った悪魔の実ですが、同じく人造の悪魔の実であるスマイルとは色が異なっています。

  • 1
  • 2

TOPICS