top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

木下富美子都議「再出発」は茨の道に…遅すぎる辞職決断で失った都民からの信頼

SmartFLASH

辞職を表明した木下都議(写真:Pasya/アフロ)

 

7月の都議選中に無免許運転で人身事故を起こし、その後、7回におよぶ無免許運転で在宅起訴となった木下富美子都議が、11月22日に都庁で会見を開き、議員辞職を表明した。

 

広告の後にも続きます

会見では、「小池都知事、支援者の方々に改めてご相談し、都議会議員の職を辞することを決断いたしました。このたびの私の過ちを本当に申し訳なく思っております」と謝罪。

 

 

度重なる無免許運転に関しても、「遵法精神が弛緩していたことは申し訳なく、猛省しています」と語った。今後免許を再取得することはなく、車も処分したという。

 

問題が発覚して以降、体調不良を理由に都議会を長期間欠席してきた木下都議。11月9日には約4カ月ぶりに議会を訪れたものの、都議たちの反発により委員会は開かれず、混乱が続いていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル