top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

五大文芸誌は何がおすすめ?すばるや新潮などの魅力、廃刊になった雑誌も紹介!

ホンシェルジュ

有名作家の最新の作品をいち早く読めるほか、まだ世に知られていない作家を発掘することもできる「文芸誌」。毎月チェックしている文学好きの人もいる一方で、読書は好きだけど文芸誌には手をつけていないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、「五大文芸誌」といわれる大手5つの魅力を紹介していきます。

そもそも文芸誌とは

 

「文芸誌」とは、小説や詩歌、随筆などの作品を中心に、書評や論評なども掲載している月刊誌や季刊誌です。

日本では当初、同人の間で刊行されていて、1904年に新潮社の「新潮」が初めて商業的に発売されたといわれています。それまで小説を掲載する媒体は新聞が中心でしたが、ここからは文芸誌を主な舞台にしていくことになりました。発行人も出版社へと移行していきます。

さまざまな種類がある文芸誌のなかでも、「文學界」「新潮」「群像」「すばる」「文藝」は「五大文芸誌」といわれ、それぞれ公募の新人賞を主催し、小説家になるための登竜門となっています。

作家志望の人や出版関係者が読むような難しい雑誌、という印象があるかもしれませんが、1度読んでみると、最新の作品をいち早く読むことができたり、まだ見ぬ作家の魅力を知れたりと、その楽しさにはまってしまうかもしれません。

広告の後にも続きます

 

文芸誌「文學界」のおすすめポイントと特徴を紹介!

 

文芸春秋が発行する月刊誌です。もともとは1933年に文化公論社が創刊したもので、当時は小林秀雄、林房雄、川端康成など8人の同人が編集を担当していました。

1938年に石川淳の「マルスの歌」を掲載したところ、反戦意識を高めるとみなされて発禁に。作者と編集主任が罰金を課せられます。これを文藝春秋を創業した菊池寛が肩代わりしたことから、「文學界」の発行を文藝春秋が担うようになりました。

小説、戯曲、文学、映画、哲学、評論など幅広い構成で読者の支持を集め、社会的影響力が大きいです。五大文芸誌のなかでも権威ある雑誌だといえるでしょう。

純文学作家の登竜門ともいえる「文學界新人賞」を主宰しています。そのほか、「芥川賞」受賞作は「文學界」に掲載されたものが圧倒的に多いのも特徴。どの作品が受賞するのか予想しながら読むのも楽しいでしょう。初めて文芸誌を読む人にも、ベテランの人にもおすすめできます。

  • 1
  • 2

TOPICS