top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

政治がわかる本おすすめ6選!初心者でも面白い入門書

ホンシェルジュ

日本でも選挙権が18歳に引き下げられ、より一層、若者への政治教育が重要視されるようになりました。この記事では、民主主義や選挙の仕組みなど、政治の基本がわかるおすすめ本を紹介していきます。どれもわかりやすく、初心者や学生でも手にとれるものばかり。社会人の方の学び直しにも役立つでしょう。

政治の基本を短時間で学べるおすすめ本『今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る』

 

日本の政治に関する制度や仕組みについて、わかりやすく解説した作品です。

たとえばニュースでたびたび目にする「通常国会」「比例代表制」「審議会」など、言葉自体は知っているけど実際にどういうものなのか説明できない人も多いのではないでしょうか。

憲法と法律の違いや、衆議院選挙と参議院選挙の違いなど、間違いやすいものも丁寧に記述しています。政治の初心者はもちろん、学び直しをしたい大人にもおすすめです。

著者馬屋原 吉博 出版日

 

広告の後にも続きます

2018年に刊行された馬屋原吉博の作品。作者は、中学受験を控えた子どもたちに社会科を教えるカリスマ講師です。

全8章で、政治、憲法、国会、内閣、選挙、裁判所、地方自治、社会保障の基本をそれぞれ解説しています。各章の最後には、中学入試で実際に出題された問題も掲載されていて、知識を定着させながら読み進めることができるでしょう。

説明がまどろっこしくなく簡潔にまとめられている点と、ややこしい部分は図やイラストを用いて説明してくれているのが魅力的。過不足なく、公正な立場で事実を記している点も評価できるでしょう。

お笑いで政治を楽しく考えるおすすめ本『政治の絵本 新版―学校で教えてくれない選挙の話』

 

お笑いジャーナリストという肩書きをもつ、たかまつななの作品です。

作者は、選挙権が18歳に引き下げられた2016年、「お笑いの力で政治に関心をもってもらいたい」と株式会社「笑下村塾」を設立。本書は実際に高校生が受講した講座を書籍化したものです。

著者たかまつ なな 出版日
  • 1
  • 2

TOPICS