top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大人向けの地図帳が面白い!世界と日本のおすすめをそれぞれ紹介!

ホンシェルジュ

各地の地理を学べる地図帳。学校の授業で使うイメージが強いかもしれませんが、実は大人が読んでも新たな発見があるものがたくさん発表されているんです。この記事では、世界と日本それぞれの、大人が楽しめるおすすめの地図帳を紹介していきます。

地図マニアが教える、地図帳の楽しみ方『地図帳の深読み』

著者今尾 恵介 出版日

 

小学生の時に誰しもが持っていたであろう地図帳。本作は、そんな地図帳を長年つくり続けてきた帝国書院と、地図研究家の今尾恵介が、地図帳の楽しみ方を教えてくれる作品です。

全ページに、日本と世界の地図を掲載。専門家ならではの視点は、マニアックながら興味深いもので、地図に苦手意識がある人も飽きさせません。ひとつのテーマは4ページ、それぞれに該当する地図が掲載されている構成です。

海抜0メートル以下の土地、川の流域と言葉の分布、昔と今の地図の比較……話題は多岐にわたるので、まずは気になった部分だけ読んでみてもいいでしょう。オールカラーなのも嬉しいところです。

気軽に読める一方で、複雑な国境線や国名の変化などを見ていくと、地図や地形は歴史なのだと思わせてくれます。

広告の後にも続きます

さまざまな観点から、まさに地図の「見方」を教えてくれる一冊。自宅のどこかにしまい込んでいた地図帳を引っ張りだしてみたくなるかもしれません。

気になる疑問に答えてくれるおすすめ地図帳『世界で一番おもしろい地図帳』

著者おもしろ地理学会 出版日

 

学校では教えてくれない、地図にまつわる素朴な疑問を追及した作品です。

一問一答形式で気軽に読み解くことができるうえ、疑問に対しての背景や理由も細かく記載。通常の地図帳と違って、図や写真に焦点を当てるのではなく、文章の面白さが魅力です。

たとえば、北海道の地名を難解に感じることはありませんか?「別」や「内」という漢字がつく名前が多く、根室本線の帯広・釧路間にある21の駅のうち、なんと9つの駅名に使われています。

実はこの2つの漢字はアイヌ語から来ていて、「別」が川、「内」は川や谷を指しているそう。アイヌ民族が水を大切にしていたことが読み取れるのです。

  • 1
  • 2

TOPICS