top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

逃れられない寄生虫ホラー『マンホール』は、実は読み応えのある社会派漫画!

ホンシェルジュ

どんな時代にも一定の需要があるホラー作品。その需要が高まった第1次ホラーブームが落ち着いた頃、新創刊の雑誌で「戦慄のバイオホラー」と銘打った作品の連載がはじまりました。

足もとから忍び寄る得体の知れないものが顔を出す『マンホール』の恐怖はどのようなものなのでしょうか。社会派の漫画として、ホラーのなかでも奥行きのある作品です!

漫画『マンホール』が面白い!本格派!【あらすじ】

12月の夕暮れ、ありふれた商店街の光景に奇抜な存在が紛れていました。その存在とは、全裸で頭髪がなく、手足が血にまみれたふらふらと歩く男。さらには、涙と鼻水とよだれを流し、右の目だけが白濁しています。

男はたどたどしく「ママ」と言ったかと思うと、通りすがりの大学生の目の前で吐血しました。その血を浴びてパニックを起こした大学生は男を突き飛ばし、手にした携帯電話も放り出して走り去っていきます。突き飛ばされた男は背の方から倒れ、そのまま頭を強打して死亡。遺体を調べてみると、謎の寄生虫が検出されました。

翌日、携帯電話が事件現場に残されていたことから、奇怪な事件の重要参考人として大学生は警察に出頭します。しかし、事情聴取の最中、徐々に記憶や認識が怪しい言動が現れ、ついには勝手に退席してしまいます。警察署を出て、すぐに車にはねられて死亡。割れた頭部から這い出たのは、あの全裸の男と同じ寄生虫でした。

刑事の溝口健と井上奈緒は全裸の男・堀川義人の身許確認のため、堀川の母を訪ねます。堀川のギャンブルと暴力で苦しんでいた両親は、彼を「施設」に預けたと言います。その証言をもとに2人が「施設」へと向かうと、そこは何もない空き地。しかし、蓋の空気穴がすべて埋められている奇妙な細工が施されたマンホールがあります。

溝口の指示で井上がマンホールの底に降りると、そこには信じ難い事実が……。隠されていた歪んだ正義が、人々を恐怖に陥れようとしているのでした。

作者・筒井哲也とは

広告の後にも続きます

筒井哲也は1974年に愛知県に生まれた日本の漫画家です。2002年に「月刊少年ジャンプ」誌上でデビューしました。のちに自身が運営するwebサイトに掲載していた漫画が人気を呼び、それがきっかけとなって「ガンガンYG」に『リセット』を連載。さらにwebサイトに公開していた『多重夢』や『ダズハント』が雑誌に掲載、単行本化され、広く実力を知られるようになりました。

その実力は国外でも評価されています。フランスでは『ダズハント』、『リセット』、『マンホール』の3作が出版され、人気作品を博しています。さらに『有害都市』はフランスで先行発売し、コミック評論家・ジャーナリスト協会賞を受賞しました。この作品は、長崎県で『マンホール』が有害図書指定された自身の経験をきっかけに描かれました。同作は国内でも文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞しています。

シャープな描線で描かれる画風はすっきりと見やすく、人物や建物、自然など表象物の正確さは見事。展開にも読者の見通しを裏切る巧みさがあります。社会問題とテクノロジーを合わせてテーマとすることが多く、どの作品も読みごたえがある作家です。

漫画『マンホール』の魅力1:連続するショッキングな描写

グロテスクでショッキングな描写はホラーの重要な要素です。『マンホール』は冒頭からパンチのあるショックが用意されています。たとえば、すでに紹介している「全裸の男」です。全裸であるだけならただの変質者ですが、『マンホール』の「全裸の男」はグロテスクでショッキングに描かれています。

目や鼻、そして口からも水分が洩れ出て、一方の目は白く濁って見えていません。手足や胸許周辺をおびただしい量の血で染めながら、人語のようなそうでないような、言葉になりきらない何かを喋ります。男が現れたのは夕暮れ時の商店街のありふれた日常。その中に突然現れたものがこれほど異質であれば、見る者に大きなショックを与えます。

遺体の解剖で切り開かれた眼球から引きずり出される寄生虫、生きた人間の体内で寄生虫がうごめいている様子、自動車事故で頭蓋が割れた遺体とそこから出てきた寄生虫……。高い画力で明瞭に描かれたショッキングなシーンは、息もつかせぬほど連続します。

  • 1
  • 2

TOPICS