top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

早期診断で生存率は大きく上がる!コロナ禍でも「肺がん検診」を

女性自身

早期診断で生存率は大きく上がる!コロナ禍でも「肺がん検診」を

女性の肺がんの罹患者が増えている。’18年の新規罹患者は約4万人。死亡者数も急増していて、同年は約2万2,000人が肺がんによって亡くなった。じつは新規罹患者の60〜80%は、たばこを吸わない非喫煙者だという。

 

「米国でも過去42年間で男性の肺がんは36%減少したのに対し、女性は84%増加。罹患した女性のうち約20%が生涯非喫煙者でした」

 

ボストン在住の医学博士で内科医の大西睦子さんはこう語る。

広告の後にも続きます

 

「米国のジョンズ・ホプキンス大学やペンシルベニア大学、イエール大学、アメリカ疾病予防管理センターなどで、非喫煙者と肺がんの関係は研究されています。昨年には、ミズーリ州のトルーマン医療センターが、『非喫煙者の欧米女性より、非喫煙者のアジア女性のほうが、より肺がんになりやすい』という考察を出しました。米国では肺がん女性の約20%が非喫煙者ですが、アジアでは肺がん女性の60〜80%が非喫煙者だったからです」

 

早期発見・早期治療には、検診が欠かせないが、「コロナ禍での検診控え」が懸念されている。コロナ治療にもあたっており『倉持仁の「コロナ戦記」』(泉町書房)の著書もあるインターパーク倉持呼吸器内科の倉持仁院長はこう語る。

 

「うちは地域密着型のクリニックなので、毎年、健康診断を受けに来られる患者さんがいます。ですが、新型コロナが流行しはじめた’20年は、前年度比7割減でした」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル