top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平が国民栄誉賞辞退 岸田内閣に選手を政治利用と批判も

女性自身

大谷翔平が国民栄誉賞辞退 岸田内閣に選手を政治利用と批判も

アメリカ大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(27)が政府から国民栄誉賞を打診され、これを辞退した。

 

松野博一官房長官は11月22日の会見で、大谷が国民栄誉賞辞退の考えを示したと発表。打診した理由について松野官房長官は「今年の活躍は国民栄誉賞に値する大変な活躍であり政府として祝意を表したい」と語っていた。

 

会見によると、大谷は「まだ早いので今回は辞退させていただきたい」と返答したという。また大谷が辞退したことについて松野官房長官は、「更なる高みに向けて精進に集中するという強い気持ちと受け止めている」と述べた。

広告の後にも続きます

 

だがこの辞退についてネットでは大谷を賞賛するいっぽう、岸田内閣に対する批判の声も上がっている。

 

《政府の安易な人気取りのための国民栄誉賞の打診だと思われ、大谷選手は辞退して正解だと感じられます》

《イチローも何度も辞退していますよね。その方がカッコいいです。政治の道具に使われている事が良く判っている。大谷選手もそれを理解しているから、辞退したんだろうな。》

《大谷選手の功績は素晴らしいことですし、国民栄誉賞に値すると思いますが、選手の功績を政治的利用しているように感じてしまう。国民栄誉賞の時期は検討すべきだと思う》

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル