top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本人サッカー選手歴代移籍金ランキング51位~55位。クラブ史上最高額で移籍も…直近1年間でわずか1ゴールに留まっているのは…

フットボールチャンネル

日本人サッカー選手歴代移籍金ランキング51位~55位。クラブ史上最高額で移籍も…直近1年間でわずか1ゴールに留まっているのは…

55位:クラブ史上最高額で移籍したが…

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で移籍金の高い歴代日本人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※移籍金は11月2日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

—————————–

FW:鈴木武蔵(日本代表/ベールスホット)
生年月日:1994年2月11日(27歳)
クラブ:コンサドーレ札幌→ベールスホット
移籍日:2020年8月18日(当時26歳)
移籍金:150万ユーロ(約1.8億円)

 ジャマイカ人の父親を持つ鈴木武蔵は、12年にアルビレックス新潟に入団。持ち前のスプリント力を武器にデビュー早々にプロ初ゴールを決めたが、新潟では通算125試合で15ゴールとストライカーとしては物足りない結果に終わった。一方、リオデジャネイロオリンピックに臨む日本代表ではゴールを量産。本大会では2試合で1ゴールを決めた。

 鈴木のキャリアの転機となったのが18年のV・ファーレン長崎への移籍だ。クラブ史上初のJ1昇格となったチームでエースとして活躍し、キャリア初の二桁得点を達成した。しかし、チームは最下位となり、鈴木は翌19年にコンサドーレ札幌へと移籍。札幌でも引き続きゴールを量産し、3月には日本代表に初選出された。

広告の後にも続きます

 そして、20年8月にベルギー1部リーグに昇格したばかりのベールスホットへ完全移籍。移籍金はクラブ史上最高額タイである150万ユーロ(約1.8億円)と言われている。デビューから7試合で5ゴール1アシストとアピールに成功した鈴木。しかし、それ以降は苦しんでおり、20年11月からの直近1年間ではわずか1ゴールに留まっている。

54位:日本代表不動の右SB

DF:酒井宏樹(日本代表/浦和レッズ)
生年月日:1990年4月12日(31歳)
クラブ:マルセイユ→浦和レッズ
移籍日:2021年6月10日(当時31歳)
移籍金:150万ユーロ(約1.8億円)

 U-15から柏レイソルでプレーしていた酒井宏樹は、09年にトップチームに昇格。10年にプロデビューを飾ると、翌11年には右SBのレギュラーに定着。J1で9アシストと持ち前の精度の高い攻撃参加でチームのリーグ優勝に大きく貢献した。また、11年10月には21歳の若さで日本代表に初選出されている。

 12年夏からプレーしたハノーファーで中心選手として活躍した後、16年夏にフランスの名門マルセイユへと移籍。右サイドでコンビを組んだフロリアン・トヴァンと好連係を築き、加入初年度から絶対的な右SBに定着。ネイマールら強力なFWたちと対戦することで1対1の守備に磨きをかけた。2018/19シーズンには、サポーターが選出するクラブの年間最優秀選手賞を受賞するなど、ファンからも愛される存在となった。

 21年6月、マルセイユとの契約を1年残しながらもJリーグ復帰を決断。古巣柏レイソルではなく、150万ユーロ(約1.8億円)の移籍金で浦和レッズに加入した。新天地デビューを前に、7月に行われた東京オリンピックにオーバーエイジとして出場。8月に浦和デビューを飾ると、J1の舞台でも日本代表の不動の右SBのクオリティを存分に発揮している。

53位:ワールドカップで評価を高めて欧州へ

DF:長友佑都(日本代表/FC東京)
生年月日:1986年9月12日(35歳)
クラブ:FC東京→チェゼーナ(買い取りオプション行使)
移籍日:2011年1月31日(当時24歳)
移籍金:160万ユーロ(約1.9億円)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル