top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

坂東希、E-girls時代は「自分のことで精一杯だった…」 新たな一歩を踏み出した今は考え方に変化も 映画『DANCING MARY ダンシング・マリー』が公開

ガジェット通信

EXILE NAOTO主演、SABU監督最新作の映画、『DANCING MARY ダンシング・マリー』が公開となりました。解体予定のダンスホールに棲みついたダンサー・マリー(坂東希)の霊の依頼で恋人ジョニー(吉村界人)を探してほしいと頼まれたしがない市役所職員の研二(EXILE NAOTO)と、霊能力がある女子高生・雪子(山田愛奈)の奮闘を描く物語で、観る人によって抱く印象が変わりそうなノンジャンルな作風も魅力の異色作となっています。その本作に、2020年に解散したE-girlsのパフォーマーであり、現在は女優として活躍する坂東希さんが出演。解体予定のダンスホールに棲みついたダンサー・マリー役を好演しています。インタビューの前半では作品について、後半では卒業後の現在について、坂東さんにお話をうかがいました。

■公式サイト:https://www.dancing-mary.com/ [リンク]

■マリーには共感する部分は多かったような気がします

●本作はSABU監督作品のファンとしても楽しく拝見したのですが、最初の脚本の感想はいかがでしたか?

最初はもうちょっとホラー寄りの、怖い作品になるのかなと思っていました。でも、実際に完成した作品を観たら、ほっこりするようなお話だったのでびっくりしました。会話のシーンも一連でカットを入れずに撮ることがたくさんあり、自分の想像とまったく違いました。でもそれはたぶん、わたしが演じるダンサー・マリーのシーンが、そういう場面が多かったから、そう思っただけなのかも知れません(笑)。

広告の後にも続きます

●演じられたダンサー・マリーは、どう理解して演じたのですか?

彼女は言葉が話せなくて耳が聴こえない子で、ぜんそくがあり、とてもハンデが多いのですが、ダンサーとして人気者なんです。でもある時、ぜんそくが元で亡くなってしまうのですが、その当時付き合っていたジョニー(吉村界人)と会いたくて、まったく成仏できずにいます。強いパワーを持っている霊なんです。

●難しそうなキャラクターですが、何を軸に演じたのですか?

彼女が生きていた時の回想シーンでジョニーと対話するシーンがあったのですが、彼女は話せないので、どうやったら観ている人に伝わるのか心配でした。手話などを先生にも教わったのですが、確かに話せないというハンデはあるけれども、人を好きになる、一生懸命に踊っている姿は等身大であり、わたしも撮影当時は20歳の頃だったので、そのリアルな生々しい感覚で演じていたと思います。

●ジョニーがいわゆるダメな男なのでセリフによる説明がなくても、対象的にマリーの人間性が際立っていましたよね。

ジョニーとマリーは、とてもちぐはぐな存在なんですよね。20歳の頃ってとても多感な時期で、とてもいろいろなものを知りたいみたいな時期だと思うので、その時のわたしも自分が持っていないものを持っている人に興味がある時期だったので、マリーには共感する部分は多かったような気がします。

■ちょっとくらい辛くても、楽しみながらやっていこう

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル