top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ダルビッシュ、24年日ハム復帰シナリオの信用度は?

アサ芸Biz

 今シーズン、移籍先のパドレスのエースとして期待されるも8勝11敗、防御率は自己ワーストに近い4.22に終わったダルビッシュ。チームとの契約は23年シーズンまで残っているが、気になるのはそれ以降の去就。かねてより本人は「日本球界復帰なら日本ハム以外ありえない」と語っており、新球場2年目の24年からの古巣復帰を期待するファンも多い。

 新庄ビッグボスは、日ハムの監督就任が決まった後、「有、一緒にしよう、監督になったよ」と連絡したことを明かしている。その際、ダルビッシュからは「契約があと3年残ってます」と断られたそうだが、そのうえで「24年からお願いします」と返信メールがあったことを認めている。

「仮に24年から復帰となれば、彼は37歳で全盛期のような投球は難しいでしょう。しかし、11種類の変化球を操る現在のピッチングスタイルならローテーションの軸として十分期待できます」(スポーツライター)

 だが、メジャー選手のまま引退する可能性もある。本人は19年開幕直前のスポーツニッポンのインタビューで37歳で引退することを示唆していた。

広告の後にも続きます

「真意は本人にしかわかりませんし、あくまでこの時点での考えであって、今も同じとは限りません。ダルビッシュにとって新庄はチーム内で孤立しかけたルーキー時代、可愛がってくれた恩人で、自身のYouTubeチャンネルでもそのことを語っています。それに彼は大変義理堅い人物。日ハムは新球場もできますし、最後は古巣でユニホームを脱ぐと気持ちが変わっている可能性は高い」(同)

 とはいえ、近年は故障も多く、コンディションに不安を抱えているのも事実。それでも日本のプロ野球はメジャーより登板間隔が空くため、負担が軽減されるとの見方もできる。

 日本球界復帰か引退、はたまたメジャー残留か、2年後のシーズンオフはダルビッシュから目が離せなくなりそうだ。

【写真ギャラリー】大きなサイズで見る

TOPICS

ジャンル