top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Snow Man佐久間大介『東リベ』声優集結で大興奮「俺の鼓膜もつかな」

テレビドガッチ


『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系、毎週火曜19:56~)が、11月23日に放送、及び民放公式テレビポータル「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

この日のテーマは「人気声優&アニメ大好き有名人」。神谷明と栗田貫一というレジェンド声優の登場や、『ルパン三世 PART6』ルパン三世役の栗田と石川五ェ門役の浪川大輔の共演など、MC・明石家さんまはオープニングから大興奮。大のアニメ好きで知られる佐久間大介(Snow Man)も「同じ空気を吸えているのが幸せですね」と興奮を隠せない。

初登場の小林由美子は、“2代目クレヨンしんちゃん”が決まった際、「電話では話せない」と理由もわからず呼び出されたため、「絶対何か怒られると思って土下座覚悟で行った」というエピソードを告白。そしてさんまのリクエストで「さんまさーん!」としんちゃんの声でスペシャルメッセージを披露する。

栗田は『ルパン三世』オファーの際、「モノマネは20秒が限界」「無理」と断ったそう。その際、ほかのルパン候補として「さんまさんやビートたけしさんで、という話もあった」と言い出し、さんまは「ウソ―!!」と仰天。しかし実はさんま自身、“ルパンの実写版”として舞台のオファーがあったことを告白し、とある理由で断ったことを明かす。

話題のアニメ『東京リベンジャーズ』からは、花垣武道(タケミチ)役の新祐樹、佐野万次郎(マイキー)役の林勇、橘日向(ヒナタ・ヒナ)役の和氣あず未が揃い踏み。さんまがワクワクしながら「ちょっとやってもらう?」と言うと、佐久間はうれしさのあまり「俺の鼓膜もつかな」と身もだえしてしまう。

さらに、競馬好きのさんまが、和氣も声優を務める人気コンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』に興味を示すと、すでにハマっている中川翔子と佐久間が「いくらお金を使ったか」(中川)、「事務所に怒られるくらい課金してる」(佐久間)と打ち明けるなど、オープニングの時点で大いに盛り上がる。

トークテーマ「他人には理解されない私だけの悩み」では、浪川が「声優はモノマネがうまいと思われるけど、僕はまったくできない」と明かすと、さんまが「絶対うまいって」と決めつけ、浪川は即座に「ほら」と呆れ顔。『ルパン三世 PART6』の現場では栗田と銭形警部役の山寺宏一がモノマネで遊んでいるというエピソードを浪川が何気なく話したところ、その話でスタジオ中が大いに沸く。さらに、栗田から「氷川きよしさんができる」とアドバイスされた浪川は、渋々挑戦するも、さんまのボケに邪魔されてしまう。

子役の頃にさんまと共演していた日高里菜は「元子役は腹黒いと言われる」と明かすと、浪川は「元子役はアホしかいない」「勇君とか」と林にふり、林も自ら「台本の漢字が全然読めないんです」とコメント。これに岩井勇気(ハライチ)は「バカをさらけだすことで安心してもらえると知っている」と林の腹黒さを疑う。

また、声優陣が子供のころにやっていた役の再現をするも、さんまが「違う違う」と容赦なし。諸星すみれが自分のことを「顔が平べったい」と言うと、さんまがすかさずボケに利用するなど、声優陣相手に笑いの洗礼が。

さらに、栗田が『名探偵コナン』江戸川コナン役の高山みなみに言ってしまった、「殺してくれ」と思ったほどの失言エピソードや、中川に“なかがわしょうこ”ではない“本当の名前”があったという仰天の実話、さらに75歳神谷の神業披露など、貴重なトークが続々!

前回の放送には、なにわ男子が出演。女性芸人たちとトークバトルを繰り広げた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル