top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

国語辞典おすすめ7選!三省堂や新明解などを小学生、中高生、社会人別に紹介

ホンシェルジュ

言葉の意味がわからないとき、インターネットで検索すれば何でも調べることができる昨今ですが、手軽に得た情報や知識は、裏を返せば簡単に記憶から抜け落ちてしまいがちです。小さい頃から辞典や辞書を引く習慣があると、少しの手間をかけたぶん、脳にインプットされやすいはず。この記事ではおすすめの国語辞典を、小学生、中高生、社会人と年代別にご紹介します。この機会に、紙の辞書の魅力を再認識してみませんか。

小学生におすすめの国語辞典①『新レインボー小学国語辞典 改訂第6版』

 

業界に先駆けてオールカラー化した学研の国語辞典。何よりも見やすく、親しみやすさは抜群です。小学校低学年からでも楽しく勉強できるでしょう。

「国語の神様」ともいわれる言語学者の金田一秀穂監修で、収録語数は類書のなかでもっとも多い4万3300語になっています。

 

著者金田一 春彦 出版日2019-11-28

 

広告の後にも続きます

アイコンや例文も色で区別されていたり、テーマカラーを付けたインデックスがついていたりと、視覚でわかりやすいのが魅力的。ただ色付けしているだけでなく、学習効果を考慮した色使いがされているそうです。

また言葉の意味が詳しく解説されていて、例文も多いのが特徴。新設されたコラム「ことば選びのまど」では、自分の気持ちを表現する引き出しを増やす「語彙力」をのばし、新学習指導要領の「思考力」「判断力」「表現力」に役立つものになっています。

すべての漢字にふりがながふられているので、まだ漢字を覚えていない子どもでも大丈夫。長く使えるように、薄いのに破れにくく、しかも鉛筆で書き込みがしやすい高品質な紙を独自開発して使用しているのもポイントです。

巻末には「早覚え百人一首」や「アルファベット略語集」など大人が読んでも勉強になるような資料が充実。小学校6学年分の「学年別配当漢字ポスター」もついています。

 

小学生におすすめの国語辞典②『ドラえもん はじめての国語辞典 第2版』 

 

  • 1
  • 2

TOPICS