top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

WHO・世界保健機関とは。活動内容や歴史、問題点などをわかりやすく解説!

ホンシェルジュ

国際連合の専門機関として設立された「WHO」。世界の人々の健康を保つことを目的に掲げています。この記事では、成り立ちや活動内容、大きな功績とされている天然痘の撲滅、そして問題点などをわかりやすく解説していきます。あわせて、理解を深めることができるおすすめの関連本も紹介するので、チェックしてみてください。

WHOとは。成り立ちや加盟国など概要を紹介

 

WHOとは「World Health Organization」の頭文字をとった略称です。日本語では「世界保健機関」と訳します。

1948年に、国際連合の専門機関として設立されました。同年に制定された「WHO憲章」には、同機関を設立した目的や目標について、前文に次のように記されています。

健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることをいいます。

人種、宗教、政治信条や経済的・社会的条件によって差別されることなく、最高水準の健康に恵まれることは、あらゆる人々にとっての基本的人権のひとつです。

世界中すべての人々が健康であることは、平和と安全を達成するための基礎であり、その成否は、個人と国家の全面的な協力が得られるかどうかにかかっています。

(中略)

すべての人々の健康を増進し保護するため互いに他の国々と協力する目的で、締約国はこの憲章に同意し、国際連合憲章第57条の条項の範囲内の専門機関として、ここに世界保健機関を設立します。

(日本WHO協会HPより引用)

ここに記されているように、WHOは健康を「肉体・精神・社会的に満たされた状態」と定義。この状態に恵まれることは基本的人権のひとつであり、なおかつ世界の平和と安全を達成するための基礎要件であるとみなしています。

そしてこれらを達成するためには国際社会の全面協力が不可欠であるとし、専門機関としてWHOが設立されることになりました。

広告の後にも続きます

2020年現在、WHOには日本を含む194の国と地域と、2つの準加盟地域が加盟しています。本部はスイスのジュネーブ。常設されている事務局の局長がWHOのトップです。事務局長はすべての加盟国と地域が参加する総会で選出されることになっています。

またすべての加盟国と地域は、アフリカ、南北アメリカ、東南アジア、ヨーロッパ、東地中海、西太平洋という6つに分けられたいずれかの地域の事務局に属し、WHO憲章が掲げる目的を実現するためにさまざまな活動に従事しています。

 

WHOの活動内容を簡単に解説

 

すべての人が、肉体的にも精神的にも社会的にも健康であるために、さまざまな活動に取り組んでいるWHO。

たとえば2020年1月から世界的に問題になった「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」のような感染症が発生した際、抑止の先頭に立つのがWHOです。情報共有、勧告の作成、国際協力のために必要な優先事項の確定など、指導的な役割を果たすことになっています。

  • 1
  • 2