top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「お土産」にはなりにくいけど、美味しさはお墨付き 地元ホテルが厳選した「道民ソウルフード特集」に反響

Jタウンネット

全国に約160店舗を展開するビジネスホテルチェーン「スーパーホテル」のある試みが、2021年秋、ツイッター上で話題になった。

それは、北海道旭川市にあるスーパーホテル旭川で配布されている、道民ソウルフードの案内だ。

「あえてお土産として選ばないかもしれない道民ソウルフード特集」と名付けられたリストの中に、観光客向けのお土産品は一切ない。スーパーホテル旭川付近のコンビニやスーパーで購入できる、道民ならおなじみの食品ばかりが紹介されているのだ。

例えば、「おつまみ」として記されているのは、ザンギ、こまい、山わさび揚げ。ザンギは「唐揚げより皮が薄くて味しっかり!」。こまいは、「手で裂きながら一味・マヨネーズに醤油をちょっと垂らして」食べるらしい。出張中のビジネスパーソンは思わずそそられるに違いない。

一方、「おさけ」としてすすめられているのは、国士無双(高砂酒造:旭川)、國稀(國稀酒造:増毛)、福司(福司酒造:釧路)、上川大雪(上川大雪酒造:上川)、男山(男山酒造:旭川)、北の勝(碓氷勝三郎商店:根室)といった銘柄だ。北海道以外の人には馴染みがあまりないかもしれないが、いずれ劣らぬ人気の地酒だ。

広告の後にも続きます

旅先の孤独なビジネスパーソンを癒やしてくれる、願ってもない晩酌セット、しかも北海道ならではの貴重な味と言えるだろう。

ツイッターにも、「こまいに國稀、男山、これ最高」「国稀が入ってるのはよく判ってるな、と思います」といった声が寄せられている。

この「道民ソウルフード特集」がつくられたのはなぜか? そしてどのようにつくられたのか? Jタウンネット記者はスーパーホテルに取材した。

「小旅行のお客様」のために

スーパーホテル旭川はJR旭川駅から徒歩5分にある、典型的なビジネスホテルだ。富良野にあるフロンティア・フラヌイ温泉から直送の天然温泉が、疲労解消、リラックス効果抜群と評判のようだ。

Jタウンネット記者の取材に応じたのは、スーパーホテル経営品質本部CS推進部の担当者だった。

「この『道民ソウルフード案内』は、旭川店独自の取り組みです。スーパーホテルでは、昨年コロナ禍から『ご当地結びスタ』プロジェクトを推進しており、今後の需要が見込まれるマイクロツーリズムの小旅行のお客様のために、地元の魅力を再発見して発信するフロントアテンダントを『ご当地結びスタ』として育成しています。
そのプロジェクトの一環で、昨年参加した旭川の取り組みの一つが今回の『道民ソウルフード案内』でした」(スーパーホテル経営品質本部担当者)

やはりコロナ禍による経営環境の変化がきっかけとなったようだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル