top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

食器も体も守る!東日本大震災から学んだ収納プロのキッチンの防災対策

防災ニッポン

耐震ラッチは、地震の揺れを感知すると扉をロックしてくれて、中の物が飛び出すのを防いでくれるアイテムです。耐震ラッチは後付けも可能です。今後リフォームの予定があるという方は、つり戸棚などは耐震ラッチ付きにするとよいでしょう。
地震後、扉を開ける際は、物が落ちてこないようゆっくり慎重に開けるようにしましょう。

「つり戸棚ストッカー」で取り出しも楽に

前述のように、重いものは足元収納するのが鉄則。頭上にあるつり戸棚には軽いものを収納するのがよいでしょう。
つり戸棚は手を伸ばす高さです。ここに直接物を入れると、扉を開ける際に物が落下する恐れがあります。取っ手がついたつり戸棚専用のストッカーを使うと落下の心配がありませんし、日常でも取り出しやすいです。

瓶や缶、ボトルなど重いものはケースに入れて「足元収納」にしています。

「すべり止めシート」で食器のすべりを防ぐ

 

 

広告の後にも続きます

広さに合わせて切って使える、すべり止めシートも便利です。シートが凸凹になっており、食器のすべり止めとして活用できます。

わが家では、棚の下に敷いたり、

収納ケースの底に敷いたりして使っています。

大きな皿は専用の「大皿立て」に

最近は食器棚ではなく、引き出しに食器を収納する方も増えてきています。引き出しなら、地震で開いても食器が落ちることがありません。
大皿は専用のお皿立てやファイルボックスに立てて収納すると、お皿同士がぶつかることもなく、また出し入れしやすい収納になります。

ジェルやポールなどの「耐震グッズ」を適材適所に

ホームセンターやネットショップでは、耐震ジェル、突っ張りタイプの耐震ポール、耐震ベルトなどさまざまな「耐震グッズ」が売られています。

わが家では耐震ジェルを何個かストック。食器棚のほか、電子レンジの足元にもつけて、耐震対策をしています。キッチンにいるときに地震が起きても身を守ることができますし、避難の動線も確保できます。

ガラス扉タイプの食器棚を使われている方は、扉にも「飛散防止フィルム」を貼っておくとよいでしょう。万が一、棚が倒れてしまったときにガラスの飛び散りを防ぐことができ、ケガから自分を守ることができます。

東日本大震災から学んだ収納のプロが伝授!キッチンの防災対策

もしいま地震があったら…キッチンはどんな状態になりそうでしょうか。今のままでは危ないかも?と感じたら、この機会にぜひ見直してみてくださいね。

〈執筆者プロフィル〉
岩佐弥生
整理収納アドバイザー
自宅の片付け作業をはじめ、キッチンショールームでの収納コーディネート、企業の収納コンサルタントなど、幅広く活動中。聞きやすく分かりやすい収納セミナーが好評を得ている。

<関連する記事はこちら>
前もって準備!地震に備える行動&持ち物チェックリスト

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル