top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

原田龍二「不倫騒動で “死ぬまで執行猶予”」発言に、妻は「日々精進している(笑)」

SmartFLASH

 

11月22日、都内で俳優の原田龍二が、妻・愛とともに神前結婚式をおこなった。2001年の入籍以来、20年越しで実現した式で、愛が2人の生活について赤裸々に綴った著書『別れない理由』の出版記念で実現したもの。

 

龍二は羽織袴で、愛は白無垢で登場。龍二は愛の白無垢姿について、「きれいだと思いますよ。言わずもがな」と話す。龍二は2年半前に報じられた不倫騒動について聞かれ、「もちろん精進中です。死ぬまで執行猶予だと思ってますから」ときっぱり。

   

「『反省しています』と言うことは、宣言としては重要なワードなのかもしれないですけど、前進していく姿を見てもらうことが信用につながると思います。いつも思うんですけど、人が見ているからじゃなくて、神様に見られてもおかしくない、恥ずかしくない生き方をしようと」

 

これに対して、愛は「執行猶予なんて言われちゃうとイヤですけどね。でも、こうやって指輪をしてくれるようになったり、少しずつ寄り添ってくれたりすることが多くなりました。日々精進しているんだな、とは感じます」とフォローした。

 

愛の著書は、原田の不倫騒動についても詳細に書かれているという。龍二は「名古屋駅で電車に乗って、品川駅に着くまでに全部読みました。ずっと僕の浮気遍歴みたいなことしか書かれてなくて(笑)、ちょっと自責の念にかられていたんですけど、新横浜あたりでいいことが書いてあって目頭が熱くなりました」と笑う。

 

広告の後にも続きます

今後の夫婦生活について、龍二は「ジョン・レノンとオノ・ヨーコさんみたいになりたい。この2人が理想の夫婦だと、若い頃から話し合っていました」と語っていた。

 

紆余曲折を経て、再び愛を誓い合った原田夫妻。夫婦に訪れた最大のピンチも、いまとなってはいい思い出なのかもしれない。  

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル