top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

シャンクスは政府側の人間?頂上戦争から考察!【ワンピース】

ホンシェルジュ

みなさんこんにちは。研究室長のユイです。

本日は頂上決戦の際にシャンクスが登場した理由についての考察をしていきます!
以前から怪しい言動が多かったシャンクスですが、いよいよ本当に政府側の人間である説が濃厚となってきましたよ……!

ぜひ最後までご覧くださいね。

まずは頂上戦争の流れをおさらい!

シャンクスが頂上戦争に参戦した理由を考察する前に、まずは頂上戦争についてのおさらいから始めます。

そもそも頂上戦争というのは、海軍に捕らえられたエースの公開処刑を巡る、海軍と白ひげ海賊団との間で起こった大きな争いでしたね。

海軍側としても白ひげとの戦争が始まることは承知の上で、戦力として王下七武海やパシフィスタなどをかき集め、最大戦力でこの戦争に臨みました。

さらに海軍は、白ひげを討ち取るために様々な策を用意しています。包囲壁の展開、スクアードの謀反、パシフィスタの標的を傘下の海賊のみに設定する、など、様々な策で白ひげ海賊団を倒そうとします。

そんなところにルフィが率いるインペルダウンからの脱走組、そして黒ひげ海賊団も参戦した訳で、戦場は大混戦となりました。

広告の後にも続きます

そして、終わりの見えないこの戦争の終盤に、シャンクス率いる赤髪海賊団が現れ、頂上戦争は終結したという流れでした。

頂上戦争はワンピース57巻などに描かれていますので、詳しくおさらいしたい方は読み返してみてくださいね!

著者尾田 栄一郎 出版日2010-03-04

頂上戦争への参入は、事前の準備が不可欠!シャンクスは乱入を計画していた?

まず、シャンクスがどのようにしてこのマリンフォードに辿り着いたかを考えます。

マリンフォードの出入り口は「正義の門」で閉ざされており、海賊船ではまずマリンフォード内に侵入することができません。

この戦争に参加し、マリンフォードに攻め込んできた戦力は主に3組で、それは「白ひげ海賊団」「インペルダウン脱走組」「黒ひげ海賊団」でした。

白ひげ海賊団は、シャボンによるコーティング船で海底を移動し、正義の門が閉ざされていた状態でも侵入することに成功しました。
 

  • 1
  • 2

TOPICS