top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「祖母のもとへ行けるなら…」旅先で死を考えていた19歳 彼女をこの世に繋ぎとめた「地元民の温かさ」

Jタウンネット

大切な家族が亡くなった。それは、母親に代わって自分を育ててくれたおばあちゃんだった。

ある日、Jタウンネット編集部に届いたメッセージには、そんな想像するだけで胸が痛むような過去がつづられていた。

北海道在住のYさん(仮名、30代女性)は、19歳のとき、育ててくれたおばあさんを亡くしてしまう。

自暴自棄になって青森の漁港へたどり着き、「私も祖母のもとへ行けるなら」という思いから死を意識するが……。

そんな彼女を、この世につなぎとめてくれた人が居た。

広告の後にも続きます

人間の強さとあたたかさを感じるエピソードを、皆さんにもご覧いただこう。

北海道を飛び出し、なけなしのお金で青森へ

私が19歳の頃、母親代わりに育ててくれた祖母が亡くなり、この先どうしていいのかもわからず自暴自棄になっていました。

なけなしの全財産を持ち、どうにでもなれと函館から青函フェリーに乗り青森へ行きました。

なんのあてもなく車中泊を繰り返していましたが、そのうち手持ちの財産は残りわずかに。仕事もなく、車のガソリンもほとんどない状況で、私も祖母のもとへ行けるならと漁港のそばに車を停めたまま、何をするでもなく時間が経つのをただ待っていました。

そんなとき、車の窓をノックしてきたおばあさんがいたのです。亡くなった祖母と同じくらいの背格好でした。

方言訛りの口調で 「何日もこんな所でなにをしているのか?」 と。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル