top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

何をしてるの…!? 水族館で激写された「海のギャング」の謎行動に衝撃走る→館長も「初めて見た」

Jタウンネット

噛まれれば人間でも大けがをするほどの鋭い牙を持つことなどから、「海のギャング」と呼ばれるウツボ。「怖い」「狂暴」といったイメージを持っている人もいるだろう。

2021年11月21日、そんな彼らの「珍行動」を捉えたこんな動画がツイッターに投稿され、話題になっている。

投稿したのは、和歌山県すさみ町にある「すさみ町立エビとカニの水族館」の公式アカウント(@ebikaniaquarium)。

20秒ほどの動画には、ウツボだらけの水槽の中、大きいウツボが小さいウツボを丸呑みにしようとしているような様子が。

広告の後にも続きます

――いや、違う。むしろ小さい方から大きい方の口の中に入っていっている……?

大きいウツボはあんぐりと口を開かされて、逆にちょっと苦しそうだ。なんとか引きはがそうと身をよじり、最後は小さいウツボが口の中に突っ込んでいた首を引き抜いて去っていった。

彼らは一体、何をしていたのだろうか。ウツボたちのシュールな行動に、ツイッター上ではこんな声が寄せられている。

「うっ!?ヴぇぇぇ~!?って声が聞こえてきそうです」
「超特大胃カメラじゃねーか」
「目がやめろって見てる」
「見よるこっちがおえっ!てえずいちゃいました」

Jタウンネット記者は22日、このウツボたちについて水族館に話を聞いた。

何してるの?

取材に応じたのは、同水族館館長の平井厚志さん。話題の動画は20日、水族館の入り口近くにあるウツボのみの水槽で平井さんが撮影したものである。

口を開けている大きい方のウツボは「ニセゴイシウツボ」という種類で、体長はおよそ1.7メートルもあるという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル