top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京女子のハイパーミサヲが勝俣瞬馬に対戦を要求。12・18名古屋でのハードコアマッチが決定【DDT】

TOKYO HEADLINE

 DDTプロレスが11月21日、東京・後楽園ホールで「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ in Korakuen Hall」を開催。12月18日、名古屋国際会議場イベントホールで行われるビッグマッチで、勝俣瞬馬が東京女子プロレスの異能派戦士ハイパーミサヲとハードコアマッチでシングル戦に臨むことが決まった。

 この日の第2ダークマッチで「勝俣瞬馬プロデュース~はじめてのハードコアマッチ」として、勝俣はサウナカミーナ入りした小嶋斗偉と組み、岡谷英樹、高鹿佑也組と激突。クラッカー、ブロック玩具付きバットなどを持ち込んだ勝俣は、高鹿の体の上に足つぼマットを置いて、ととのえスプラッシュを投下して3カウントを奪取し、経験の差を見せつけた。

 そこに10月31日に、東京ドームでの路上プロレス(無観客配信試合)で遺恨がぼっ発したミサヲが現れ、プラカードで勝俣を殴打し、ハードコアマッチでの対戦を突きつけた。勝俣は「今、試合終わりの私を背後から襲って幸せですか? 本当にヒーローでしょうか?」と問い掛け、ミサヲと口論。この事態に今林久弥GMは東京女子とDDTとの昼夜興行になる名古屋大会でカードを組むことを即決した。

 バックステージでも勝俣を襲撃したミサヲは「絶対許さない。東京ドームで私に恥をかかせたのは、名古屋でオマエに恥をかかせることでしか報われないんだよ。ヒーローは絶対に勝たなきゃいけないんだよ」と吐き捨てた。勝俣は「容赦しないから。どんな凶器でもルールでもなんでもやってやる。ホンモノのヒーローがどっちか証明してやる」と言い返していた。

DDTプロレス「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ in Korakuen Hall」(11月21日、東京・後楽園ホール) ◆アイアンマンヘビーメタル級選手権試合 〈王者〉●大鷲透(10時56分、横入り式エビ固め)彰人○〈挑戦者〉 ※大鷲が防衛に失敗、彰人が第1523代王者となる。 ◆第一ダークマッチ 15分一本勝負 大鷲透&吉村直巳&●平田一喜&赤井沙希&石田有輝(6分29秒、片エビ固め)クリス・ブルックス&高梨将弘○&アントーニオ本多&彰人&岡田佑介 ※プレイングマンティスボム ◆第二ダークマッチ 勝俣瞬馬プロデュース~はじめてのハードコアマッチ 15分一本勝負 ○勝俣瞬馬&小嶋斗偉(10分20秒、片エビ固め)岡谷英樹&高鹿佑也● ※ととのえスプラッシュ・オン・ザ・足つぼマット ◆オープニングマッチ 30分一本勝負 ○佐々木大輔&MJポー(8分14秒、クロス・フェースロック)高尾蒼馬&渡瀬瑞基● ◆第二試合 30分一本勝負 男色“ダンディ”ディーノ&×飯野“セクシー”雄貴&今成”ファンタスティック”夢人(12分49秒、無効試合)火野裕士&MAO&納谷幸男× ※フェロモンズの暴走 ◆第三試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 ○秋山準〈5戦3勝2敗6点〉(10分39秒、片エビ固め)ボディガー●〈5戦2勝3敗4点〉 ※リストクラッチ式エクスプロイダー ◆第四試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 △HARASHIMA〈5戦1分4敗1点〉(時間切れ引き分け)岡林裕二△〈5戦3勝2分8点〉 ◆セミファイナル Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 ○竹下幸之介〈5戦4勝1分9点〉(5分9秒、体固め)樋口和貞●〈5戦2勝3敗4点〉 ※サプライズローズ。竹下がBブロック代表となる。 ◆メインイベント Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 ●遠藤哲哉〈5戦3勝2敗6点〉(21分21秒、片エビ固め)上野勇希○〈5戦3勝2敗6点〉 ※WR。上野がAブロック代表となる。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル