top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

フェロモンズ壊滅へ青木真也が今成“ファンタスティック”夢人と12・12新宿でEXTREME防衛戦【DDT】

TOKYO HEADLINE

12・12新宿でEXTREME防衛戦

 DDTプロレスが11月21日、東京・後楽園ホールで「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ in Korakuen Hall」を開催。猛威を振るうフェロモンズ壊滅に向け、DDT EXTREME王者の青木真也が再び立ち上がり、12月12日の東京・新宿FACEで今成“ファンタスティック”夢人と防衛戦を行うことが決まった。

 この日の第2試合で、フェロモンズ(男色“ダンディ”ディーノ、飯野“セクシー”雄貴、今成)が火野裕士、MAO、納谷幸男組と激突。フェロモンズはふだん通り、ディーノの男色殺法、飯野のセクシー殺法で火野組を幻惑。10分過ぎ、ディーノが納谷をリップロックで倒すと、納谷の顔を飯野の股間に置いて、フェロモンマジックを狙った。ここで今成が生中継中のリングサイドのビデオカメラマンのカメラを奪って禁断のシーンを撮ろうとすると、今林久弥GMが制止すべく無効試合を宣した。

 怒りの今林GMが「生中継中だぞ。今成、オマエが悪い。こうなったら、この人に潰してもらうしかない」と言うと、スクリーンに青木が登場し、今成をEXTREME王座の挑戦者に指名。試合形式はノーセコンドルールを要求した。これを今成が受諾し、12・12新宿での王座戦が決定した。

 今成は「青木様は滑舌が悪く“インディー”という発言が“淫靡”に聞こえてマスコミが間違えてしまう。私と淫靡な一騎打ちをやりましょう。あなたが本当の姿をさらけ出すいい機会だ」と話した。

DDTプロレス「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ in Korakuen Hall」(11月21日、東京・後楽園ホール) ◆アイアンマンヘビーメタル級選手権試合 〈王者〉●大鷲透(10時56分、横入り式エビ固め)彰人○〈挑戦者〉 ※大鷲が防衛に失敗、彰人が第1523代王者となる。 ◆第一ダークマッチ 15分一本勝負 大鷲透&吉村直巳&●平田一喜&赤井沙希&石田有輝(6分29秒、片エビ固め)クリス・ブルックス&高梨将弘○&アントーニオ本多&彰人&岡田佑介 ※プレイングマンティスボム ◆第二ダークマッチ 勝俣瞬馬プロデュース~はじめてのハードコアマッチ 15分一本勝負 ○勝俣瞬馬&小嶋斗偉(10分20秒、片エビ固め)岡谷英樹&高鹿佑也● ※ととのえスプラッシュ・オン・ザ・足つぼマット ◆オープニングマッチ 30分一本勝負 ○佐々木大輔&MJポー(8分14秒、クロス・フェースロック)高尾蒼馬&渡瀬瑞基● ◆第二試合 30分一本勝負 男色“ダンディ”ディーノ&×飯野“セクシー”雄貴&今成”ファンタスティック”夢人(12分49秒、無効試合)火野裕士&MAO&納谷幸男× ※フェロモンズの暴走 ◆第三試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 ○秋山準〈5戦3勝2敗6点〉(10分39秒、片エビ固め)ボディガー●〈5戦2勝3敗4点〉 ※リストクラッチ式エクスプロイダー ◆第四試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 △HARASHIMA〈5戦1分4敗1点〉(時間切れ引き分け)岡林裕二△〈5戦3勝2分8点〉 ◆セミファイナル Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 ○竹下幸之介〈5戦4勝1分9点〉(5分9秒、体固め)樋口和貞●〈5戦2勝3敗4点〉 ※サプライズローズ。竹下がBブロック代表となる。 ◆メインイベント Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負 ●遠藤哲哉〈5戦3勝2敗6点〉(21分21秒、片エビ固め)上野勇希○〈5戦3勝2敗6点〉 ※WR。上野がAブロック代表となる。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル