top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

中邑真輔がプリーストのギター攻撃を食らって“王者対決”は反則裁定に【WWE】

TOKYO HEADLINE

 WWEのPPV「サバイバー・シリーズ」(日本時間11月22日配信、ニューヨーク州ブルックリン/バークレイズ・センター)のキックオフショーでIC王者・中邑真輔(with リック・ブーグス)がUS王者ダミアン・プリーストと“王者対決”で対戦した。2人はハイレベルな攻防を展開したがプリーストのギター攻撃で試合は反則裁定となった。

 スマックダウンを代表する中邑はブランドの威信をかけた王者対決でハイキックやけいれん式ストンピングでプリーストに攻め込むとギター演奏で応援するセコンドのブーグスはプリーストに演奏を止めるように警告を受けてしまう。

 続けて中邑がライダーキックから「カモーン」と挑発すると延髄切りやスライディング・ジャーマンスープレックスを決めるもプリーストはカウンターのヒールキックやクローズラインで反撃。

 終盤には中邑の飛び付きアーム・バーをかわしたプリーストが逆にフットチョークで絞め上げる。中邑はこのピンチをブーグスのギター演奏を力にして脱出したが、これに怒ったプリーストはギターを破壊。そして中邑にギターで攻撃を加えると試合は反則裁定となってしまった。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル