top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

体臭に含まれるある化学物質が女性を攻撃的にする。逆に男性は穏やかになる

カラパイア


 体の表面からは様々な揮発性物質が放出されており、その一部は体臭として知覚される。分泌された物質がまじり合うことでその人独自の体臭となる。

 発せられる物質の種類は全て明らかになっていないが、『Science Advances』(21年11月19日付)に掲載された、新たな研究によると、体臭に含まれるある化学物質は、女性を攻撃的にし、男性を穏やかにさせるのだという。

 男女で正反対の効果をもたらすとは非常に興味深い。

男女で正反対の効果をもたらす化学物質

 女性と男性では効果が真逆となるこの奇妙な揮発性化学物質は、「ヘキサデカナール(hexadecanal:HEX)」という。

 イスラエル、ワイツマン科学研究所などの研究グループは、男女の被験者グループにHEXを嗅がせ、そのうえで攻撃性を測るコンピューターゲームをプレイしてもらった。

 被験者は自分を挑発してくる対戦相手(AI)に対して、大きな音を鳴らして対抗する。実験では、このとき鳴らした音が大きいほどに、攻撃性が高いと評価された。

 この結果、HEXを嗅いだ女性は攻撃的になる一方、男性は攻撃性が低下することが確認されたのだ。

photo by Pixabay

なぜ女性が攻撃的になり男性がおとなしくなるのか?

 じつはHEXは、乳幼児がストレスを感じたときにも発せられるものだという。

 このことから、HEXは赤ちゃんを守るという母性本能を刺激し、そのために女性を攻撃的にするのだと考えられている。

 男性の攻撃性が低下するのは、男性自体が赤ちゃんにとって危険な存在になりうるからだ。つまりHEXは男性を落ち着かせることで、赤ちゃんを攻撃しないように仕向けているのかもしれない。

photo by Pixabay

化学物質が脳内ネットワークに作用

 なおMRIなどによる脳の検査からは、男女どちらも、HEXによって、大脳領域の頭頂葉の外側面にある「角回(かくかい)」の左側(左角回)が活発になることが明らかになっている。

 左角回は言語中枢に関連しており、コミュニケーションしている相手の社会的な手がかりを認識させる領域だ。


赤く示されたところが角回 / image credit:WIKI commons/CC-BY-SA-2.1-jp

 男性は、HEXを嗅ぐことで、角回と社会的評価や攻撃性に関わる脳内ネットワークとの接続性が高まったが、女性ではその接続性が低下した。

 どうやらHEXは、社会的評価や攻撃性を司る領域のネットワークに作用することで、その効果を発揮しているようだ。

人は無意識のうちに化学物質に操られている

 このことは、人間の攻撃性が、化学物質のシグナルに強く左右されることを示しているのだそうだ。

 己の行動は己できちんと律していると思っていても、私たちの行動は、知らず知らずのうちに化学物質によって操られているようだ。

References:Sniffing the human body volatile hexadecanal blocks aggression in men but triggers aggression in women / written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル