top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

吉田鋼太郎、昭和の頑固親父に!木南晴夏、佐久間由衣、武田玲奈が三姉妹

テレビドガッチ


吉田鋼太郎が主演を務める土ドラ『おいハンサム!!』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)が、2022年1月8日よりスタート。木南晴夏、佐久間由衣、武田玲奈、MEGUMIも出演する。

今作は、東海テレビが新たなパートナーとして日本映画放送と初タッグを組み共同製作する、家族×食×恋をテーマにしたコメディドラマ。吉田は主人公の“昭和の頑固親父の生き残り”伊藤源太郎、MEGUMIは妻の千鶴、木南は伊藤家の長女・由香、佐久間は次女の里香、武田は三女の美香を演じる。男を見る目がないのが唯一の共通点である三姉妹のために、頑固親父が立ち上がる!

原作は、まるで悩みを笑い飛ばすかのようにユーモアと実体験を交えて日常の一コマを描く稀有な漫画家・伊藤理佐。 初の実写化となる本作は、傑作と名高い作品群から様々なエピソードをリミックスして映像化する“伊藤理佐ワ ールド全開”のドラマだ。「食」と「恋」を描き続け多くの読者に愛される人気コミック「おいピータン!!」「おいおいピータン!!」を中核に、結婚を目指す娘の目を通してどこか憎めない愛すべきオヤジの生態を描く「渡る世間はオヤジばかり」、悩める30代独身女性を描く「チューネン娘。」、とあるOLの七転八倒の日常を描く「あさって朝子さん」など、数ある人気コミックをモチーフにファン垂涎の映像化となる予定。

そして、脚本・演出・プロデューサーは、数多くのエキサイティングな話題作・人気作を世に放ってきたヒットメーカー・山口雅俊が担当。自身のプロデュース作品である『ランチの女王』(2002年・フジテレビ)以来大事にしてきたこのテーマを、令和の現代にアップデートしてドラマ化する。

<吉田鋼太郎 コメント>
いま家庭に昔ほど昭和的お父さんも減っていると思いますが、その“生き残り”といいますか、でも決してその昭和のお父さんというのは嫌な人じゃないんだよ、ダメな人じゃないんだよ、こういう素敵なところもあるんだよっていう所も見せていければと思っています。

<木南晴夏 コメント>
家族や娘たちの恋愛事情がメインのお話ですが、その中で食も大事なテーマとなっています。心温まる、ほっこりするようなドラマになるのではないかと思います。私自身も、美味しそうなご飯が出てくるドラマや映画が好きなので、どんなご飯の絵になるのかとても楽しみで、そこも見所だと思っています。

<佐久間由衣 コメント>
お父さんが以前ご一緒させて頂いた吉田鋼太郎さんと聞いた時に「楽しみと同時に面白くなる んだろうな」って思いました。家族の皆に置いてかれないように一生懸命ついて行きたいと思っています。クスっと笑えるところがあったり、家族の絆を感じられるドラマになるんじゃないかなと楽しみです。この家族のパワーで見ている人に元気が与えられる作品になったらいいなと思っています。

<武田玲奈 コメント>
何度もご一緒させて頂いている山口監督だったので、「あ、これは絶対面白い作品だ!」と楽しみでした。美香役の話を監督とした時に「めだま焼きの焼き方はね」から始まって(笑)、その焼き加減とか、(美香が)一人暮らしをする理由が“卵かけご飯を黄身だけで食べたいから”っていう理由だったんですけど、台本にも、こだわりが垣間見えて「わかる! わかる!」って思いながら読みました。ワクワクして撮影に臨みます!

<MEGUMI コメント>
今まで見たことのない新しい家族ドラマだと思いました。とてもリアリティがある……仲が良いんだけ ど、ベタベタする訳でもなく、仲が良くない時もあったり、すごく秀逸に描かれていて、視聴者としても絶対見たいと思う作品です。長年家族をやっているからこそ出来上がった“独特のカタチ”というか、他の方から見たら変な所も出せればいいなと思っています。今回、実年齢よりも、10歳ぐらい上の役なので、そういったところも初チャレンジです。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル