top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オズワルドも空気階段も同期芸人とは微妙?「格差」が生む“ギクシャク関係”

アサ芸プラス

 関西で活躍する若手お笑いコンビ「祇園」「ロングコートダディ」「侍スライス」の3組が、11月11日放送のバラエティー番組「やすとものいたって真剣です」(朝日放送テレビ)に出演。“芸人の上下関”係の悩みについて語った。

 3組の芸歴は、祇園13年、ロングコートダディ12年、侍スライス10年。侍スライスは東京から大阪に移籍してきた異色コンビだ。

 祇園の木崎太郎は、先輩に食事をおごってもらったあとのお礼の方法が難しいと語り、「僕は後日、お会いしたときにお礼を言うタイプなんですけど、人によっては家に帰ってから LINEでお礼を言ったほうがいいと言われたりもする。どっちかに統一してほしい」とコメント。

 MCの「海原やすよともこ」のやすよは「わかるな」と同意し、ともこも「電話の先輩、 メールの先輩、そんなのいらない先輩…。なんやねん?」と笑わせた。

 ロングコートダディの兎は「たまたま会った後輩にもおごるべきか」と話すと、ともこは 「自分よりお金を持ってる後輩でも出さないといけない。あれ、どう?」と疑問を呈しつつ、「ここ何年かやな、(同期の)中川家が出してくれるようになった」と告白。若手芸人たちから「同期は割り勘ちゃいます?」とツッコまれた。

広告の後にも続きます

 また、侍スライスの加藤勇二は同期との関係性について聞かれると、「東京の同期でM-1ファイナリスト(昨年)になったのはオズワルドが初めてで、そのときはもう単純ムカつきましたね。悔しいという思いがあって。目を合わせるのも嫌になるとか。一応会ったら話しますけど」と語り、相方の門田充史も「『キングオブコント』で空気階段がファイナリストになったとき、すごい頑張れって毎年思ってたんですけど、(今年)優勝してからはちょっとムカつきましたね。 そこまで行くなと」と本音を漏らした。

 上下関係が厳しいとされる芸人の世界だが、いろいろと難しいようだ。

(鈴木十朗)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル