top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

もう眠いから明日じゃダメ?保護狐をお散歩に誘ったものの、いつもより遅くなったためにイヤイヤモード

カラパイア


 お散歩から帰りたくなかったり、逆に散歩に行きたくなかったりして駄々をこねたり動かなくなったりするわんこの姿はよく見聞きするんだけど、犬の親戚である狐もどうやら同じような反応をするみたいだ。

 今夜は保護狐のフィネガンくんが、お散歩拒否モードに入ってしまった様子をご紹介しよう。

 



Annoyed talks and reluctant walks with Finnegan fox.

 アメリカのミネソタ州フェアリボーにある、キツネたちの保護施設「Save A Fox」。あの「へヘヘへへ…」という笑い声がキュートなキツネたちが暮らす施設だよ。



「フィネガン、お待たせ! お散歩に行くわよ」と、創設者のミケイラさんがリードを持って迎えに来たけど、フィネガンくんは既に眠たくなっちゃったみたい。

 抱っこされても「ノォォォォ~!」

 さんざん抵抗したけれど、結局お散歩には行くことに。

 道路を歩いているうちに、排水口やマンホールがきになったフィネガンくん。どうやらマンホールの蓋の表面にあるデコボコが、イイ感じの刺激になったようだ。

 この日はいつもより散歩に行くのが2時間ほど遅くなってしまったため、フィネガンくんは既におねむモードだったらしい。いつもなら下の動画のように、お散歩タイムを待ちわびて大興奮なんだそうだよ。

Night time adventure with Finnegan Fox

 こんなお散歩シーンを見ると、同じイヌ科同士、狐ってやっぱりわんこ要素がある気がする。

 この施設にも冬が近づいて来て、狐たちもモコモコの冬毛になって来たよ。次回はまた、可愛い鳴き声を聞かせてもらおうと思っているので、楽しみに待っていてね。
この投稿をInstagramで見る

mikayla(@saveafox_rescue)がシェアした投稿

written by ruichan


※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル