top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

車と一緒に埋葬された男性「あの世で運転を楽しみたい」と遺言残していた

カラパイア


image credit:El Organismo/Facebook

 世界では今も尚、土葬が行われている地域がある。メキシコの一部地域もそうで、このほどちょっぴり風変わりな土葬が行われた。

 車(ピックアップトラック)と共に埋葬されたのだ。個人は「車と一緒に埋葬してほしい」と遺言を残しており、家族がその願いを叶えたようだ。



CON TODO Y PICK UP ENTERRARON A DON ADAN

息子からの贈り物だった車と一緒に埋葬された男性

 メキシコのバハ・カリフォルニア・スル州プエルト・サン・カルロスで、漁師として暮らしていたドン・アダン・アラーナさんは、不治の病を患い、長年闘病した結果、その生涯を閉じた。

 ドンさんは、生前家族に「自分が死ぬことがあれば、車と一緒に埋葬してほしい」と遺言を残していた。

 その車は、黒いピックアップトラックで、まだ病床に伏せる前に息子から贈られた大切な車だった。

 結局、ドンさんはその車をじゅうぶん運転することも叶わず他界。家族は、「現世では車を楽しむことができなかったから、あの世で運転したい」というドンさんの願いを叶えるために、家族が所有する広大な土地に、車ごとドンさんの棺を埋葬した。

許可を申請しなかったことで罰金の可能性も

 地元メディア『El Universal』が伝えたところによると、地元の漁師仲間たちはクレーン車を使用してレンガで裏打ちされた墓に、ドンさんのピックアップトラックを降ろした後、ドンさんが眠る棺をその荷台に置き、埋葬したという。

 メキシコでは、愛する人の最後の願いを尊重することは非常に重要なことであるため、家族はドンさんの遺言通りにしたわけだが、風変わりな埋葬方法について、家族は当局に許可を申請しなかったため、後に多額の罰金を科せられる可能性があるということだ。

 なお、このようなユニークな埋葬法は今回が初めてというわけではない。去年にも、南アフリカで、政治家が愛車を棺代わりにしてほしいという遺言を残したことから、遺体はメルセデスリムジンの中に収められ、埋葬された。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル