top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

5分でわかる天安門事件とは!真相、原因、死者数をわかりやすく解説!

ホンシェルジュ

中国最大の汚点ともいわれている「天安門事件」。2019年現在、中国はこの事件をなかったことにしていて、インターネットでは検索できなくなっています。その一方で事件発生の6月4日には中国国内でひっそりと追悼式などがおこなわれていて、国民たちはけっして無関心ではないのです。

中国がひた隠しにしたい天安門事件とはどのようなものだったのか、この記事では概要、原因、真相、死者数をわかりやすく解説するとともに、おすすめの関連本を紹介していきます。

天安門事件とは。きっかけは胡耀邦の追悼集会

1989年4月15日、胡耀邦元総書記が心筋梗塞のため亡くなります。北京にある天安門広場では、学生らによって追悼集会が開かれました。

この集会は、胡耀邦を解任した最高指導者、鄧小平への抗議活動の意味合いも含んでいました。すると追悼集会は徐々に形を変え、中国独裁体制を否定し、民主化への移行を求めるものになっていったのです。ヒートアップし、集会がデモへと発展。この動きを察知した中国共産党は、戒厳令を布き、デモの鎮圧のために警察ではなく軍隊を動員。無差別に発砲し、強引に鎮圧したのです。

この事件は、当然世界から猛烈な批判を浴びることになります。現在でも中国共産党は、天安門事件に関するあらゆる検閲をおこなっており、中国国内ではこの件についてインターネットで調べることすらできない状態です。

天安門事件が起こった原因

発端は、亡くなった胡耀邦元総書記の追悼をするために、学生たちが天安門広場に集まってきたことでした。

学生のなかには中国共産党による独裁体制を快く思っていない者もおり、独裁体制を打破すべしといったような強硬派もいたのです。彼らが声高に独裁体制の打倒を叫び、追悼集会は反体制派の集会と化しました。この動きは北京だけでなく、西安や南京などにも広がっていきます。

広告の後にも続きます

ここまでなら、彼らを解散させて穏便に収めることができたかもしれません。

しかし「人民日報」という中国共産党の機関紙が「旗幟鮮明に動乱に反対せよ」という社説を一面に掲載します。学生たちの活動を「動乱」と位置づけ、共産党の指導に反するため断固として反対しなければならないという内容が記されていました。

これに学生たちが猛反発し、ハンガーストライキといった過激な行動に出るようになりました。以降、中国共産党の高官が話し合いをしようとしても、学生側は拒否します。そして、しびれを切らした中国共産党が実力行使に出たのです。

天安門事件の死者数は?

中国共産党の公式発表によると、死者は学生や軍を合わせて319人とのことですが、一説ではそれよりもはるかに多い3000人というものも。

日本でも一斉に天安門事件を報道しましたが、各新聞社でばらつきがありました。たとえば読売新聞は「死者3000人以上」、毎日新聞は「死者2600人かそれ以上」、朝日新聞は「死者2000人、負傷者5000人以上」といった具合で、正確な数は把握しきれていません。

他にもソ連が「死者3000人」と見積もっており、これが現段階でもっとも信頼されている数字のようです。

  • 1
  • 2

TOPICS