top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“新庄劇場”急展開! 巨人選手トレード補強とイチロー臨時コーチ

週刊実話WEB

新庄剛志(C)週刊実話

「新庄劇場」の本当の見せ場は、オフにやってくる。

【関連】日ハム・新庄監督が早くも決断!? 「4番」清宮幸太郎と「開幕投手」吉田輝星 ほか

今や球界の主役で、〝ビッグボス〟こと新庄剛志監督によるチーム革命が止まらない。現有戦力の底上げは必須事項だが、その伝え方はド肝を抜くものばかりのようだ。

「上下真っ赤なジャージー姿で登場したかと思えば、今季一軍出場のなかった清宮幸太郎に『モテないよ』なんて言葉で肉体改造を勧めました。低い送球での外野からの中継プレーをさせるのに、ワゴン車の屋根に乗ったことも話題でした」(スポーツ紙記者)

これらすべて、言葉のチョイスが絶妙だった。

北海道日本ハムファイターズのチーム関係者によれば、清宮は将来の4番に、それも近年中に就くという。そして、吉田輝星をエースに育て上げるのが、新庄監督に課せられたチーム作りの主テーマのようだ。

広告の後にも続きます

「清宮は二軍で本塁打王のタイトルを獲得しましたが、スイング速度が遅く、レベルアップを図る上で肉体改造が必須です。タイトル獲得で自信を深めているところに技術面で意見するよりも、『痩せろ』と言われたほうがその理由を考えるでしょう。吉田も『速い!』と速球を素直に褒められ、ストレートで押す本来の投球スタイルに磨きをかけようと思うはずです」(チーム関係者)

しかし、新庄劇場は秋季キャンプを賑わすだけでは終わらない。選手のグレードアップの話だけではなく、「外部補強」もしっかり考えていた。そして、主役だけでなく、最高の助演役も出番を控えている。

「ヘッドコーチに就く林孝哉氏です。今季まで日ハムのスカウトでしたが、新庄監督の推薦でヘッドコーチ就任が決まりました」(前出・スポーツ紙記者)

その林ヘッドが新庄劇場を強力にサポートしてくれそうなのだ。

イチローが信頼を寄せる林ヘッドコーチ

林ヘッドはダイエー、日本ハム、千葉ロッテを渡り歩き、06年に現役を引退。輝かしい実績はないものの、その後はコーチなどの裏方業を務めてきた。新庄監督は林氏の堅実さ、几帳面ぶりを買ったそうだが、こんな話も伝わっている。

「若手時代、ハワイウインターリーグに派遣され、そこで同室になったのがイチロー氏でした。イチロー氏は自身が契約メーカーに特注していたバッティンググローブを林氏にプレゼントし、ほかの野球用具も貸していました」(球界関係者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル