top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オーストラリアの砂漠の巨岩「ウルル」で新種の植物が発見される

カラパイア


 世界で2番目に大きな一枚岩、オーストラリアの「ウルル(エアーズ・ロック)」のてっぺんで、新種の植物が発見された。

 存在自体は以前から知られていたのだが、自生するイチジクの亜種だと考えられていた。

 「砂漠のイチジク」と名付けられたその植物は、オーストラリアの先住民にとってはとても大切な存在で、傷をつけると死刑に処せられることすらあったという。

巨岩のてっぺんで発見された砂漠のイチジク

 『Telopea』(で発表されたその新種は、「フィクス・デセルトルム(Ficus desertorum)」と命名されている。”砂漠のイチジク”という意味だ。

 存在自体は以前から知られていたのだが、オーストラリア北部から中部にかけて自生するイチジクの亜種だと考えられていた。

 ところが詳しい調査によって、じつは別個の種であることが判明したのだ。ニューサウスウェールズ国立植物園のラッセル・バレット氏は次のように説明する。
オーストラリアの植物園で所蔵されているコレクションや、ヨーロッパの植物園にある歴史的標本を丹念に調べたところ、中央オーストラリアのイチジクの形態は、北部や西部のものとは違うことがわかりました

オーストラリア先住民にとっては大切な植物だった

 F. デセルトルムは、ウルル以外にも、中央部の「カタ・ジュタ(オルガ山)」や「カル・カル(デビルズ・マーブルズ)」といった高台でも見られる。

 幅が狭く厚みのある、滑らかな葉が特徴で、そこは鳥やカタツムリといった小さな生き物の隠れ家となっている。

新種として認定されたフィクス・デセルトルム(Ficus desertorum) / image credit:Australian Institute of Botanical Science

 またオーストラリア先住民にとっては、食料や住居として、あるいはスピリチュアル的な意味で、非常に重要な植物であるという。

 「かつてはこの木を傷つけると死刑になることすらあったくらい、コミュニティにとって大切な存在でした。」

新種として認定されたフィクス・デセルトルム(Ficus desertorum) / image credit:Australian Institute of Botanical Science

乾燥した砂漠を生きる技術

 イチジクは水を求めて長い根を伸ばすことで知られるが、砂漠のイチジクはその技を完成させているという。

 「岩の奥や地下深くの貴重な水へ向かって、崖の亀裂に沿って40メートルも根を伸ばすことが報告されています。オーストラリア中央部の乾燥した環境に耐えるための技です。」

フィクス・デセルトルム(Ficus desertorum)を調査する研究者 / image credit:Australian Institute of Botanical Science

科学的な特定は種の保全にとって重要

 世界にはおよそ750種のイチジクが存在しており、そのうち3分の2はアジアとオーストラリアに分布する。

 だが広大なオーストラリアであらゆる植物の生息状況を調べるのはなかなか難しい。それでも今回のように科学的にきちんと特定された種なら、その追跡調査やモニタリングもやりやすくなる。

 それは種を保全するうえでも大切なことだ。

 「砂漠のイチジクは広範囲に生息しており、絶滅危惧種というわけではありません。それでも個体数が少ないために、気候の変化や局地的な火災などによって、近い将来影響が出る恐れはあります。」と研究者は語る。

References:Scientists make unusual discovery on Uluru – Scimex / Scientists Discover Unknown Plant Species Growing on Australia’s Sacred Uluru / written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル