top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「やき弁」は洋風になっても「やき弁」だった 新発売のパスタ風フレーバーを食べてみた結果

Jタウンネット

マニアと味わう「ご当地カップ麺」の世界

第六十九回 東洋水産「やきそば弁当」の「ミートソース風」と「クリームソース風」 文・写真:オサーン

カップ麺ブロガーのオサーンです。「ご当地カップ麺」連載の第六十九回目となる今回は、北海道のソウルフード「やきそば弁当」シリーズから発売された新商品、「ミートソース風」と「クリームソース風」をレビューしていきます。

「やきそば弁当」は、1975年発売の東洋水産の北海道限定カップ焼そばシリーズ。北海道では、全国的に有名な「UFO」や「ペヤング」を差し置いて圧倒的に支持されるソウルフード的な存在で、「やき弁」として親しまれています。

大きな特徴は戻し湯で作る「中華スープ」の素が付いていること。塩気強めなスープで、「UFO」や「ペヤング」に比べるとやさしい味わいのソースと相性抜群です。

広告の後にも続きます

また、やさしい味なのでアレンジやしやすいのも特徴で、マヨネーズやふりかけなど、道民は独自の食べ方の流儀を持っている場合が多いです。

北海道のソウルフード「やきそば弁当」がパスタ風に

今回の2品は「ミートソース風」と「クリームソース風」。どちらもパスタを意識したフレーバーだと思われます。

以前は「spa王」シリーズを始めとして、カップパスタが多く発売されていましたが、最近かなり少なくなっています。

これは糖質制限やダイエットのブームと相まって、特にイタリアンを好む層が、糖質の多いカップパスタよりも少しだけパスタの入ったカップスープ系を好んでいるからではないか……と勝手に推測しています。

現在はカップ焼そばでパスタ系の味が出ることが多くなっています。「やき弁」でも以前に「ナポリタン風」が出ていたことがありました。

さて、いつもの「やき弁」は「中華スープ」が入っていますが、今回は洋風なフレーバーに合わせてか、「オニオンスープ」が付いています。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル