top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

医師が好む間食「疲れた脳を働かせるアーモンドチョコレート」

女性自身

医師が好む間食「疲れた脳を働かせるアーモンドチョコレート」

「仕事や家事を集中してこなしたあとは、リラックスして脳を休める。そしてまた集中する。これが効率的に脳を働かせるコツです」

 

そう話すのは、神経内科医の米山公啓先生。

 

「リラックスしたいときには、私はよくチョコレートなどの甘いものを食べます。なにより糖分(ブドウ糖)は、脳に直接届く栄養素ですから、チョコやあんこは適度な量を取ることで、疲れた脳を元気にしてくれるんです」

広告の後にも続きます

 

なかでも米山先生が愛用しているのはアーモンドチョコレート。

 

「糖分に加え、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには脳の血流量を増やす働きがあります。それにアーモンドに含まれる亜鉛などのミネラル分が脳を活性化。まさに脳にとっての高機能食品です。糖分は取りすぎてもよくないので、1回5粒と決めて、1~2時間置きに食べること」

 

手元に置くとどうしても続けて食べてしまうので、遠くに置き、そのつど、取りに行くとよいとか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル