top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

板野友美に『ヤクルト』激怒!? “名前禁止令”に野球ファンから疑問の声

まいじつ

板野友美 (C)まいじつ

プロ野球『オリックス・バファローズ』との日本シリーズに挑む『東京ヤクルトスワローズ』高津臣吾監督が、第2戦に高橋奎二投手を先発させることがわかった。

【関連】峯岸みなみ「ママタレになりたくない」発言にアンチ憤慨! ほか

高橋投手は今年1月に元『AKB48』の板野友美と結婚し、10月に第1子が誕生したばかり。今季4勝をあげる活躍は板野の内助の功のおかげと、ファンも2人の結婚を大歓迎している。

そうした中、球団がメディアに対して板野の名前を出さないように通達していたことが発覚。ファンから疑問の声があがっている。実際に、ネット上では

《なんで板野友美の名前出しちゃダメなんだろ。高橋奎二が結婚してから覚醒したのは事実。家族のために奮起していいピッチングしてたんだぞ》
《確かに一時あれだけスポーツ紙にあった板野の名前がすっかり消えてるな。そういった裏があったのか…》
《高橋がブレークして優勝に貢献したのは、結婚がきっかけだったんじゃないかな。別に板野の名前が出てもいいと思うけど》
《ともちんめちゃあげまんだったよね。奥さんのおかげもあるんだから球団もいちいちうるさいこといわなければいいのに》
《球団は高橋が野球に集中できるよう配慮したのかもしれないけど、余計なお世話。本人もヒーローインタビューで奥さんのこと聞かれて喜んでたじゃん》

広告の後にも続きます

などといった声が寄せられている。

高橋奎二投手の活躍は板野友美がいてこそ?

高橋投手は11日に行われた『読売ジャイアンツ』とのCS2戦目に先発し、6回無失点、8奪三振と好投。巨人のエース菅野智之投手との投げ合いを制した。試合後のヒーローインタビューでは「無事に子どももできて、2人で切磋琢磨して頑張っているのでいい結果になって本当によかったです。宝物です」と笑顔を見せ、ファンから大歓声を受けていた。

「どうもこの時の各スポーツ紙の報道が、球団の怒りを買ったようですね。もともと担当記者は高橋投手に関する記事に、妻の板野を絡めないよう通達していました。スポーツと芸能をごちゃ混ぜにして欲しくないというのが理由のようです。もっともそんなことはファンにとっては全く関係のないこと。ファンが盛り上がっているのに、わざわざ制限をかけるというのはどうなんでしょうかね」(芸能記者)

長らく伸び悩んでいた高橋投手があの巨人打線を手玉に取るなど、シーズン前にはファンですら想像できなかったこと。板野の名前を出すことについて、球団はもう少し大目に見てもいいのではないだろうか。

TOPICS