top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

山田杏奈、2nd写真集『BLUE』への想いを語る「いろいろな自分の姿がありました」

Pop'n'Roll

【画像はこちら】

山田杏奈が、本日11月20日(土)に2nd写真集『BLUE』の発売を記念したオンラインイベントを開催。同イベント前に会見を実施した。

1st写真集『PLANET NINE』(東京ニュース通信社)から約3年、『BLUE』は、20歳を迎えた若手女優・山田杏奈の2nd写真集。

撮影は、 雄大な自然が広がる北海道・道東エリア。果てしなく続く断崖の海岸線、波紋1つない静かな池など、北の大地の澄んだ空気の中、その白い素肌はより一層の透明度を増し、その美しい瞳はどこまでも神秘的で他者を寄せつけないオーラを放っている。

一方、温泉旅館や湖畔の小さな宿で見せる、どこか肩の力の抜けたような朗らかな表情は、まだどこか少女の幼さを感じさせる。美しさと幼さ、緊張と緩和、20歳という年齢だからこその“女性”と“少女”の両面を感じることのできる、まさに山田杏奈の“今”を詰め込んだ1冊となっている。

イベントの前に行なわれた会見に登場した山田は、20歳の記念と芸能生活10周年の節目を記念して制作された同書について、“北海道の自然の中で撮影している時から、よい写真集になるだろうなと思っていました。出来上がったものを見てみたら、見たことがないような顔をしている写真など、いろいろな自分の姿がありました。1st写真集『PLANET NINE』と比べると、20歳になって少しは成長して大人になったのかなという部分もありますが、成長していかなきゃなという想いもあります”と、率直な感想を語った。

同書のタイトルである“BLUE”については、“「BLUE=青」は若いイメージだったり、青々しい、もっと言ってしまえば、まだまだ成長していけるという意味があって、そのような想いを込めて編集長がつけてくれました。前作でもお世話になって、初めてお会いしたのは15歳の頃なので、その時から見てくださっている方が、そのような想いを込めてつけてくれたことが、とても嬉しかったです。そして、タイトルに見合った女性になっていかないといけないなとも思いました”と感慨深げ。

広告の後にも続きます

山田杏奈2nd写真集『BLUE』(東京ニュース通信社刊)

山田はお気に入りの写真を2枚挙げたが、特にお気に入りのカットには、自分では気づいていないが、無意識のうちによくしているという表情のカットを選び、“この口を、よくやっているようなんですが、自分ではよくわかっていなくて。その瞬間が収まっているこのカットを見て、「あぁ、これのことか!」と思って選びました”と、はにかんだ。

山田杏奈2nd写真集『BLUE』(東京ニュース通信社刊)

もう1枚のお気に入りのカットについては、“自分の写真を見た時に、「好きだな」と思うのもあれば、自分の顔なのでちょっと冷静に見ちゃう部分もあるんですけど、これは最初に見た時からすごくよい写真だなと思いました。最後の撮影で、リラックスした表情をしていて顔が柔らかいので好きです”と、笑顔で理由を明かした。

山田杏奈2nd写真集『BLUE』(東京ニュース通信社刊)

北海道での撮影では、印象に残ったことがいろいろとあるようで、“まず、食べ物が美味しかったのですが、特に朝ごはんの時に飲んだ牛乳が美味しすぎてビックリしました。あと、出身が埼玉県で、鹿が走り回っていたり、牛が普通にいる環境で過ごしていたのですが、今回の撮影の時にスタッフさんが「熊除けスプレー持ってます」と言っていたのが、環境がまったく違うなと思って、北海道を味わったなという感じでした”と、北海道という広大な土地での撮影ならではのエピソードも飛び出した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル