top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

訓練次第ではうちの子も!犬や猫とコミュニケーションがとれるボタン

カラパイア


 ペットの思っていることが知りたいという飼い主は多いだろう。お互いにコミュニケーションができれば最高だ。犬や猫の気持ちを解釈し、人間の言葉に翻訳するアプリは様々あるが、その信ぴょう性は定かでない。

 だがこれなら、訓練次第で、ほぼ間違いなくペットの気持ちが伝わるだろう。ペット自身が操作しているのだから。

 海外で話題となっている「FluentPet」システムは、音声を録音・再生できるボタンとボタン用のジョイントタイルがセットになっている。

 飼い主がボタン1個ごとに簡単な単語やフレーズを録音し、どのボタンにどの意味があるかを教え込む。するとペットが足で押して再生し、お互いのコミュニケーションがとれるようになるという。

 もちろん個体差があるので、全てのペットに対応するわけではないが、犬だけでなく猫までも使いこなしている家族もいるという。

TikTokで「会話」を披露!音声ボタンで大反響になった犬のレクシー

 ミシェル・ピアースさん夫妻と暮らすレクシーは50万人近くのファンに親しまれてる7歳のハスキーだ。そのきっかけはTikTokで披露したミシェルさんとの「会話」にあるという。
TikTokで動画を見る

 その会話とは「FluentPetsHexTiles(フルーエント ペッツ タイルズ)」のボタンを使ったやりとりのこと。ペットとの円滑なコミュニケーションのために作られたそのボタンは音声を録音でき、上から押すと再生される。

 飼い主があらかじめボタンに録音した単語や文を、ペットが足で押して聞くことで意味を学んでいくシステムなのだ。

 なおボタンは床に直置きでなく、専用のHexTiles(ヘックスタイル)というジョイントタイルの上に置いて使う仕様で、そのタイルはボタンの増量に合わせて増設できるようデザインされている。

 それを取り入れたミシェルさんとレクシーの動画がみんなの度肝を抜いているのだ。

42語を習得。ボタンのおかげでミシェルとも仲良しに!

 元保護犬で13か月のころ夫妻の家に迎えられたレクシーは初めのうちミシェルさんにあまりなつかなかった。

 自分より夫のほうになつくレクシーに寂しい想いをしていたミシェルさんだが、生まれつきの慢性疾患のために家にこもりがちだったレクシーを見かねて購入したのがそのボタンだった。

 ボタンに録音する単語はペットにとってなじみのあるものから始めるのが基本だという。そこでミシェルさんは「水」、「いい子」、「雨」などの単語からレクシーとの会話トレーニングを始めた。

 練習のかいあってかレキシーは特定の場所にあるボタンを覚えて足で押し、自分の希望や要求を伝えたり、注目しているものを教えてくれるようになったという。
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル