top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

認知症のプロフェッショナルのおやつは「きんかんとハーブティー」

女性自身

認知症のプロフェッショナルのおやつは「きんかんとハーブティー」

「おやつというのは、脳に栄養やエネルギーを補充するだけでなく、口とあごを動かすことで脳を刺激しますので、脳の活性化に非常によい習慣です」

 

そう話すのは脳内科医で加藤プラチナクリニック院長の加藤俊徳先生。診療や執筆、研究といった長時間の座り仕事の合間には、必ずおやつを食べるという。

 

「いまの季節でしたら、きんかんは欠かせません。少しイライラするようなことがあったときはきんかんを丸ごと食べると、脳がすっきりします」

広告の後にも続きます

 

じつは加藤先生の生家には大きなきんかんの木があり、幼いころによく食べていたとか。

 

「子どものころに慣れ親しんだ食べ物には記憶を再生する効果があり、記憶力を活性化させるという点でも、私には大切な果物です」

 

ほかには、ドライフルーツのいちじくやくるみも常備品だとか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル