top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

丘みつ子“孤独な女性”の歌声に感動「大切な人に幸せになってほしくなった」

テレビドガッチ


原田知世が主演を務めるドラマ24『スナック キズツキ』(テレビ東京系、毎週金曜24:15~)の第7話が、11月19日に放送。劇中、佐藤ヨシ子(丘みつ子)がシャンソンを披露し、その歌声や歌詞に感動する視聴者が続出した(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は「僕の姉ちゃん」のドラマ化でも話題になった漫画家・益田ミリによる同名コミックが原作。傷付いた人々がたどり着くアルコールの置いていない一風変わった店・スナック キズツキを舞台に、原田演じる不思議な雰囲気を持ったママ・トウコが、飲み物と美味しい料理や歌で客を癒す姿が中心に描かれ、女性を中心に幅広い支持を得ている。

今回スナック キズツキを訪れる客は、サトちゃん(塚地武雅)の母・ヨシ子。独身の息子を心配する一方で、夫に先立たれ、友人とも疎遠になり、どこか孤独な日を過ごしていた。

そんなある日、息子に見合い話がやって来る。すでに結婚して家を出ている娘・中島香保(西田尚美)に相談すると「いつまでもお兄ちゃんの世話してないで、好きなことをしたら?」と言われる。実は息子からも「俺のことはいいから好きに過ごしてほしい」と言われていたヨシ子は、「好きなことと言われても……」と考えながら街を歩いていた。

すると偶然スナック キズツキを見つけ、入ってみることにしたヨシ子。シャンソンの話になり「昔は好きで、忙しい中でもこっそり聞いていた。好きなことができるようになった今、一緒にできる人がいない」とこぼすと、なんとトウコがいきなりアコーディオンを取り出し「あなたの気持ち聞かせて」と語り掛ける。最初は戸惑うヨシ子だったが「かわいそうだと思わないで」「人生なにがあるかわからない」「人生これから」と気持ちよく今の気持ちを歌い上げるのだった。

SNS上では、「その人の人生があるんだから他人にかわいそうなんて思われたくない」「歌詞にも歌声にもジーンときた」「大切な人に幸せになってほしいという気持ちになった」といった感想が寄せられていた。

次回、第8話は11月26日に放送。主婦の南裕子(堀内敬子)がスナック キズツキを訪れる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル