top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ホスピス看護師が仕事内容を告白 亡くなる直前の患者が口にする言葉とは

Sirabee

最期の瞬間が迫る人たちを支えるホスピスの看護師が、仕事の内容、死、患者の言葉などについてTikTokで紹介。その動画が大変な人気を集めていることに、『The Sun』などの海外メディアも注目している。


■ホスピスで働く看護師

アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで暮らすジュリーさんは、終末期患者が心穏やかに過ごせるよう支援するホスピスの看護師として働いている。

死が迫る多くの人、またその家族に優しく寄り添い「大丈夫、私たちがついていますよ」と励ます仕事に、ジュリーさんはやりがいを感じているという。


関連記事:結婚77年の記念日にホスピススタッフがプレゼント 97歳患者が人生初の花嫁姿

■患者らをサポートする日々

ジュリーさんたち看護師は、死が迫る患者に対し、「これからどういうことが起こるのか」も説明しなくてはならないという。仕事の内容はさまざまだが、患者たちの苦痛をやわらげ、精神面でもしっかりサポートしていくことが必要なのだという。

広告の後にも続きます

ジュリーさんはホスピスの仕事、そして決して特別なことではない死について、多くの人たちに理解してもらおうと、TikTokでさまざまな動画を公開中だ。

■死亡直前の変化とは

死についていろいろな質問を受けるというジュリーさんは、最期の瞬間が近い患者に起こる変化を説明。まずは呼吸のリズムが変わり、肌も変色するというが、これは普通のこと。患者もその頃には痛みは感じておらず、不快感もないはずだと語った。

「命が尽きようとしているときは、自然にまかせてあげたほうがいい」。そう語るジュリーさんは、患者が死亡直前に話す内容についても触れている。


■最期の瞬間に思い出すのは…

ジュリーさんによると、多くの人は死ぬ直前に「大好きよ」と家族に愛を伝えるという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル