top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松本まりか“純”、吉田沙世“野明”ら若手社員に囲まれ気後れしてしまい…

テレビドガッチ


松本まりかが主演を務めるドラマL『それでも愛を誓いますか?』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:25~)の第7話が、11月20日と21日に放送される。

電子コミックサイト「めちゃコミック」で1500万DLを突破し、2020年年間総合2位を獲得した大人の恋愛コミックが原作。“愛はあるのに満たされない何か”を模索していく主人公・純須純(松本)が、“愛する夫から女として求められない妻”という、どうしようもない寂しさを抱える35歳の心のゆらぎを中心に展開される。

前回第6話では、松本演じる純が、夫・武頼(池内博之)の元カノ・足立沙織(酒井若菜)と対面したシーンに、SNS上で「怖い」「余裕があるフリではないか」といった反響が寄せられた。

<第7話あらすじ>
純須純(松本)が研修合宿で留守の間、久々に一人の時間を過ごす夫・武頼(池内)は、なんとなく暇を持て余し、これまでにない寂しい気分を味わう。

一方、研修中の純は、若手社員たちの中で、なにかと気後れしてしまう。特に、自己表現がしっかりできる橘野明(吉田沙世)に対しては「若いのにすごい」と、羨望の言葉がつい口から出る。すると橘は、年齢や性別、セオリーに捕われている純の思考グセを即座に指摘。さらに、真山篤郎(藤原季節)とお互いに気にし合っているのに、なぜ距離を取っているのかとストレートに聞かれてしまう。

翌日、純が帰ってくるその日、武頼の会社に足立沙織(酒井)から、息子の悠介(石塚陸翔)が行方不明になったと電話がかかってくる。助けを求められた武頼は……?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル