top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

人間は宇宙で生まれ、地球は国立公園のような扱いになるだろう。ジェフ・ベゾス(Amazon創設者)の予言

カラパイア


 Amazonの創設者であるジェフ・ベゾス氏だが、今年CEOを退任し、現在は自身が設立した航空宇宙企業「ブルー・オリジン」で精力的に宇宙事業を進めている。

 今年7月には同社が開発した宇宙船「ニュー・シェパード」に自ら乗り込み、宇宙へ到達。その後、大気圏に再突入し、無事帰還した。

 そんな宇宙に夢中なベゾス氏は11月10日、「Our Future in Space」と題された講演に招かれ、宇宙での体験や彼が見据える未来について語った。

 ベゾス氏は、人間は宇宙で生まれ、宇宙コロニーで生活するようになると予想、地球は国立公園のような場所となり、宇宙で暮らす人々が、旅行で訪れる観光地になるという。

宇宙に行き、パラダイムシフトを経験したベゾス氏

 「宇宙に行くと、誰もがパラダイムシフトを経験をします」と、ベゾス氏は宇宙での体験を語る。宇宙から地球を見ることで、これまで当然だと思っていた価値観や認識、思想などが劇的に変わるというのだ。
私はそれを予測していました。望んでもいましたし、心構えもできていました。それでもその体験は、想像を遥かに上回るものでした。

物の見方ががらりと変わって、圧倒的で心を揺さぶるほどに思い知ります。地球がいかに壊れやすいのかということを。

地上からは、大気も地球もとても大きく見えます。ですが宇宙から見えるのは、広大な真っ暗闇の宇宙と、この小さなゆりかごです。

私たちはこの世界で一番貴重な惑星を、どうにかして守らねばなりません


有人宇宙飛行、アマゾン創業者のベゾス氏ら無事帰還

数世紀のうちに人類は宇宙で生まれ、地球は国立公園のような扱いに

 ベゾス氏はいずれ、人類のほとんどが宇宙へ進出すると考えているようだ。
いずれは何百万人の人たちが地球から宇宙へ出ていくでしょう。それはブルー・オリジンのビジョンでもあり、大勢の人たちが宇宙で活動するようになると考えています。

今後数世紀のうちには、ほとんどの人たちが宇宙で生まれるようになるでしょう。そうした人にとっては、宇宙が故郷です。

宇宙コロニーで生まれ、宇宙コロニーで暮らします。地球を訪れることもあるでしょうが、私たちがイエローストーン国立公園に行くような感じではないでしょうか


photo by iStock

太陽系なら1兆人が暮らせるとベソス氏

 ベゾス氏は、地球が「特別なところで、けっして壊してはいけない」と訴える。そして、そのためにはやはり宇宙進出が鍵を握っているようだ。
地球で暮らせるのは、せいぜい100億人といったところでしょう。それでも地球を壊さないで暮らすにはどうすればいいか、懸命に考えねばなりません。一方、太陽系なら1兆人が暮らせます。

火星をテラフォーミングするなど、劇的なことをするとします。とても難しいことですが、可能だったとしても、地球が2つになる程度です。100億人から200億人にはなりますね

宇宙人はいると考えている

 地球にはすでに宇宙人が訪れている。そんな説も実しやかに囁かれているが、ベゾス氏は懐疑的であるようだ。

 ただし、その存在については肯定的だ。
その可能性はかなり低いのではないでしょうか。もし過去にそうしたことがあったのだとしたら、もうすでに知られているのではありませんか?

ただ宇宙人がいるかどうかと言われれば、おそらくいるでしょうね
References:Jeff Bezos: “The Solar System Can Support A Trillion People,” Earth Will Be Preserved Like “Yellowstone National Park” | Video | RealClearPolitics / written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル