top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

おぼん・こぼん「長生きも芸のうち。90ぐらいでタップ踏んでたら、おもしろいかなと」

アサ芸プラス

テリー 2人にも絶対そのぐらいになるまでやってほしいですよ。

おぼん 俺はね、2人でタップダンス踏んでるじゃないですか。長生きしてジジイになったら、ジジイのタップダンスをやりたい。ヨボヨボになりながら。

こぼん 長生きも芸のうちってね。90ぐらいでタップ踏んでたら、おもしろいかなと。

テリー 格好いいよね。そういうのって、ヨーロッパのエンターテインメントの人たちはやってますよね。なんだよ、全然仲悪くないじゃない。

おぼん いやいや(笑)。松鶴家千代若・千代菊師匠っていたじゃないですか。「早くやって、早く帰ろう」の。あの2人が90過ぎの時に、最後の漫才大会に出たんですよ。2人でヨボヨボ出て行って、センターマイクに着くまでに、すごく時間かかる。歩いてるだけで、客がワーッと笑い出すんです。で、やっと着いたと思ったら「早く帰ろう」。ドカーンですよ。

広告の後にも続きます

テリー アハハハ!

おぼん それ見て、長生きも芸のうちだなと思って。

こぼん もうね、浅草公会堂でNHKの収録だったんですけど、テレビだからとかって全然関係ない、2人の世界。ずっと自分のペースで歩いて。

テリー 客側もそういうところを楽しまないとね。

おぼん 僕らまだ中途半端な年寄りじゃないですか。これがあと10年、15年生きて、ほんとジイさんになって、2人でフンフンフンってタップ踏んでたら、ウケると思うんですよね。「まだケンカしてます」って。

テリー いいよね、「あいつら、まだやってるよ」って見てるほうも元気出るしね。じゃあ、またライオンをトラに変えに行きますか。

おぼん あれは嫌(笑)。

こぼん 年を考えてもできませんよ。あの時まだ30代だったけど、今もう70超えてますからね。

テリー でも、変わらないでしょう。

おぼん 気持ちは変わらないですよ。でも、やっぱり体がなかなかついていかない。

テリー いや、意外と俺、ついていけると思う。

こぼん じゃあ、やってみましょうか。でも、ハブのプールだけは勘弁してくださいよ(笑)。

◆テリーからひと言

 2人にはケンカしながら100歳まで漫才してほしいね。最後にはプロレスみたいに栓抜き持ち出したりしてさ。新しい令和のド突き漫才を作ってよ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル