top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

集中連載-『愛のまなざしを』 | 万田珠実さん制作日誌 「撮影現場“で”、お邪魔しました。」 第10回

cinefil

11 月 12 日(金)より渋谷ユーロスペース、池袋シネマ・ロサ、キネカ大森、 イオンシネマ他にて全国順次公開となった仲村トオル×杉野希妃×斎藤工×中村ゆり等の出演、鬼才・万田邦敏監督待望の新作となる『愛のまなざしを』。
この度、公開にあたって、今作の脚本を手がけられた万田珠実さんによる集中連載が、「シネフィル」で掲載されることとなりました。
制作の裏側などを交えた、制作日誌となります。
そして、ついに最終回。

第十回 クランク・アップ

2019年9月13日

いよいよクランク・アップの日を迎えました。この日は午前中に三鷹の路上で祐樹と藤野詩音さん演じる同級生のシーンがあり、午後は綾瀬の地下道に移動して、ラストシーンの撮影が行われました。

カバンの持ち方にまで、細かい指示が

広告の後にも続きます

私は三鷹の現場には行かなかったのですが、話を聞くと、横断歩道で同級生と別れるシーンは何度もテイクを重ね、藤原くんは相当走らされたようでした。続く地下道のシーンでもやはり、父親と別れたあと、全力疾走で走るよう、監督から指示がありました。しかもこのカットはかなり奥まで写っていて、フレームアウトするまで相当な距離があります。夜になっても蒸し暑く、テストから本番まで何度も走った藤原くんは、汗だくになっていました。完成したカットは、涼しい顔ですけどね。

脚本を書いている時は意識していませんでしたが、悩みを抱えた祐樹って、何かから逃げるために走り続ける子だったんですね。そう思うと、走り去っていく祐樹の後ろ姿が、ますます愛おしく思えます。

後先になってしまいましたが、私が藤原くんの演技に感心したのは、裕樹の部屋に父親が入ってくるシーンでした。見た方はもうお気づきでしょうか。最初に聞こえたノックに答える「何?」と、入ってきたのが父親だとわかってから言う「何?」の声のトーンが、全然違うんです。一度目はおばあちゃんかと思ったのでしょうか、いつもの感じで。ところがこの時入ってきたのは、珍しく家にいた父親だった。そうわかった時の祐樹の気持ちが、瞬時に声に現れています。デビュー作にして、この演技プラン。立派だと思います。

最後まで全力疾走!

さて、いよいよラストシーンの撮影となりました。このシーンはネタバレになってしまうので、詳細は触れないでおこうと思いますが、一つだけ紹介しておきたいのが、撮影中に脚本を書き替えたラストについてです。実は書き換えたとはいえ、撮影の時点でもまだ、全く意味の異なる二つの終わり方が用意されていたのです。しかも、最後の最後までどちらにするかが決められず、結局ふたつともが撮影され、どちらにするかの結論は編集段階に持ち越されたのでした。どのようなラストシーンになったのかは、完成した映画で確かめてみて下さい。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル