top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ウィーンと京都で活躍したデザイナー 上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー

cinefil

ウィーンと京都で活躍したデザイナー、上野リチの世界初となる大規模な回顧展「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」が、2021年11月16日(火)から 2022年1月16日(日)まで、京都国立近代美術館にて開催されます。

本展では、上野リチの国内最大規模の作品群を所蔵する京都国立近代美術館をはじめ、国内外の機関からリチと関連作家の作品が一堂に会します。
テキスタイルや七宝、彫刻など、色彩豊かで魅力あふれる「リチのデザイン世界」を是非この機会にお愉しみください。
それでは、シネフィルでも展覧会の構成に沿っていくつかの作品を観ていきましょう。

展覧会風景  photo by © cinefil

プロローグ 京都に生きたウィーン人

フェリーツェ・[リチ]・リックスは1893年、当時オーストリア・ハンガリー帝国の首都であったウィーンでユダヤ系の実業家の家に4人娘の長女として生まれました。
ここではウィーンと京都の2つの街を生きたリチのポートレートやスケッチブックが紹介されています。

「ポートレート:上野リチ・リックス」1930年代、京都国立近代美術館蔵

第Ⅰ章 ウィーン時代 —— ファンタジーの誕生

広告の後にも続きます

1912年リチはウィーン工芸学校に入学し、そこでテキスタイル、七宝、彫刻を学ぶと同時に、建築家ヨーゼフ・ホフマンのクラスに入り研鑽を積みました。
ウィーン工芸学校卒業後は、ホフマンが1903年に設立したウィーン工房の一員となり、テキスタイル部門とファッション部門を中心にさまざまデザイン分野で精力的な制作活動を行います。
徐々に、より柔らかで自在な描線と多彩な色調で花や鳥などのモティーフを表したリチ独自のデザイン世界が花開いていきます。

上野リチ・リックス《ウィーン工房テキスタイル・デザイン:夏の風》1922年、クーパー・ヒューイット スミソニアン・デザインミュージアム、ニューヨーク
Museum Purchase from Smithsonian Collections Acquisition and Decorative Arts Association Acquisition Funds. Cooper Hewitt, Smithsonian Design Museum, Smithsonian Institution.
Photo credit: Matt Flynn© Cooper Hewitt, Smithsonian Design Museum

上野リチ・リックス《ウィーン工房壁紙:そらまめ》1928年、京都国立近代美術館蔵

展覧会風景  photo by © cinefil

第Ⅱ章 日本との出会い —— 新たな人生、新たなファンタジー

1900年前後のウィーンで新しい芸術を模索する人々の間では、日本の美術・工芸品が注目されていました。なかでも日本の染型紙がデザイン分野で熱心に参照されたことは、よく知られています。
こうしたなかで、リチも自然と日本に対する関心を育んだのでしょう。
1924年、リチはホフマンの建築設計事務所に在籍する日本人建築家・上野伊三郎と出会い、翌年結婚します。
二人は伊三郎の郷里京都へ移り、建築事務所を設立して個人住宅や商業店舗の設計内装デザインを手掛ける一方、リチは定期的にウィーンを訪れ、引き続きウィーン工房の一員として、退職する1930年まで活動を続けました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル