top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岡村隆史と国分太一の交遊録…いちばんの思い出は「泥酔ダンボール騒動」

SmartFLASH

 

ナインティナイン・岡村隆史が、2021年11月17日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、TOKIO・国分太一との思い出を語った。

 

2人が若い頃、泥酔した国分がタクシーで帰る際、吐いてしまうことを考え、岡村は店員に「(ビニール)袋でもないですか?」と相談。すると、ダンボールにビニール袋をかけたものを渡され、国分はそれを抱えてタクシーで帰ったという。

   

国分は「全然知らないところで降りた」と、よくわからないところで降車。酒は抜けたが、「なんでダンボール持ってんだ?」と驚いたことを明かしていた。

 

また、国分は自身のスマホに入っている写真について「自分の家族の次に多いのが岡村さん」と明かす。なかには、岡村が大便を踏ん張っている際の写真や岡村の全裸写真などもあり、岡村は「絶対スマホ落とすなよ」と国分に注意していた。

 

岡村と国分の友情にSNSではさまざまな意見が寄せられた。

 

広告の後にも続きます

《国分さんと岡村さん、本当の親友なんだね なんか羨ましい気もする》 《ガチ友達の岡村さんと太一さんの話面白いw》 《岡村さんと太一くんの絆がいいなぁ》

 

「同番組では、岡村さん、国分さん、ビートたけしさんの3ショット写真も公開されました。一時休養していた岡村さんが復帰した際、たけしさんから『岡村くんと一緒にご飯食べられないかな』との話があり、一緒に食事したそう。ほかにも、岡村さんが精神的に追い込まれた際、国分さんがたけしさんに頼んで手紙を書いてもらったとのこと。岡村さんは『僕がピンチのときには必ず国分さんがいた』と感謝していました」(芸能ライター)

 

『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)で共演の長かった2人。プライベートでもさまざまな交流があったのだ。

 

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル