top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“中国残留孤児”の娘と養母、そして日本の人々との絆-『再会の奈良』へ、斎藤工、加藤雅也からの絶賛コメント到着&予告編・場面写真解禁!

cinefil

“中国残留孤児”とその家族、そして日本の人々との絆を描いた日中合作映画『再会の奈良』が、日中国交正常化 50 周年の節目となる 2022 年 2 月 4 日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開致します。

“今と未来、奈良と世界を繋ぐ”映画製作プロジェクト「NARAtive2020」から 生まれた日中合作映画『再会の奈良』の監督・脚本を手掛けたのは、ツァイ・ミ ンリャン監督のもと助監督・共同脚本などを務め、ホン・サンス監督のアシスタ ントプロデューサーを務めた経験を持つ中国出身の新鋭ポンフェイ監督。エグゼクティブプロデューサーには、『あん』(15)、『朝が来る』(20)を手掛け、なら国際映画祭のエグゼクティブ・ディレクターでもある奈良出身の河瀨直美と、『長江哀歌』(06)、『罪の手ざわり』(13)など中国映画「第六世代」を代表するジャ・ジャンクー

© 2020 “再会の奈良” Beijing Hengye Herdsman Pictures Co., Ltd, Nara International Film Festival, Xstream Pictures (Beijing)

本作をいち早く鑑賞した俳優・映画監督の斎藤工さん、俳優の加藤雅也さんから、作品へのコメントが早くも到着!

エグゼクティブプロデューサーの河瀨直美とも交流の深い俳優・映画監督の斎藤工さんからは、「美しい奈良を異国の故郷の様に中国残留孤児問題を何処かユーモラスに描く。ポンフェイ監督の若さと落ち着きが同居した独自の眼差し。」「次作が早くも愉しみだ。」、そして奈良市出身で奈良市観光特別大使でもある俳優の加藤雅也さんは「人を想う気持ちに国境はない。笑いと感動、優しさに包まれる作品です。」とそれぞれ絶賛のコメントが寄せられた。

『再会の奈良』コメント

広告の後にも続きます

美しい奈良を異国の故郷の様に
中国残留孤児問題を何処かユーモラスに描く。
ポンフェイ監督の若さと落ち着きが同居した独自の眼差し。
ツァイ・ミンリャン監督の現場を経て
ジャ・ジャンクー監督と河瀨直美監督に見守られながら本作を完成させたポンフェイ監督。
現代における”合作”の本当の意味を観せて頂きました。
次作が早くも愉しみだ。
斎藤工(俳優/映画監督)

中国から奈良に元残留孤児の娘を探しに来たお婆ちゃん。初めての日本、言葉の通じない環境。
そんな中でも物怖じせず、言葉を使わずにコミュニケーションを取る姿がとてもコミカルで観る者を和ませてくれる。
バックミュージックも相まって、そのアンバランスさが絶妙。
人を想う気持ちに国境はない。笑いと感動、優しさに包まれる作品です。
加藤雅也(俳優)
(順不同・敬称略)

新たな場面写真が解禁!

© 2020 “再会の奈良” Beijing Hengye Herdsman Pictures Co., Ltd, Nara International Film Festival, Xstream Pictures (Beijing)

© 2020 “再会の奈良” Beijing Hengye Herdsman Pictures Co., Ltd, Nara International Film Festival, Xstream Pictures (Beijing)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル