top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『スーパーロボット大戦30』では好きな順番でミッションを選んでいいのか…!【吉田輝和の絵日記】

Game*Spark

『スーパーロボット大戦30』では好きな順番でミッションを選んでいいのか…!【吉田輝和の絵日記】

『スーパーロボット大戦30』が発表された時「30ってなんだろう。30作品のロボットアニメが登場するのかな」なんて思っていましたが、単純に30周年記念作品だったんですね。

『スパロボ』も30年続いている長寿シリーズなんだなと感慨深くなるのと同時に、シリーズ初期からプレイしていた自分もそれだけ歳を重ねていることに気付き、意外なところで老いを感じてしまいました。

ってなわけで……今回は、僕と同じ30代に突入した『スパロボ』シリーズ最新作『スーパーロボット大戦30』のニンテンドースイッチ版!

本作には、30周年ということもあって、複数のミッションの中から自分でプレイする順番を決められるタクティカル・エリア・セレクトや、自動で戦闘を行うAUTOバトルといった新システムが採用されています。

これらのシステムがゲームにどのような影響を及ぼしているのか気になるところです!

各作品の戦争もクロスオーバー。地獄のような歴史!
一年戦争に月面戦争、ヘル事変、ミケーネ戦役、木星圏でのウルガルとの抗争、皇帝ルルーシュの暗殺……『スパロボ30』の歴史ではこれらの出来事がこの10年で立て続けに起こっていた。

これがヒーローたちのクロスオーバーの代償なのか……!

そしてこちらが地獄のような歴史を生き抜いてきた本作の主人公、テルカズ・ヨシダ。

愛称はおじさんの男性主人公だ!気だるそうな表情と、赤いマフラーのようなものを巻いているのが特徴だ。

サラリーマン時代の僕の姿とそっくりだな!

話を戻して……誕生日と血液型は、選んだものによって主人公の覚える精神コマンドが変化する重要項目だ。僕の誕生日と血液型よ、良い精神コマンドを引いてくれよ……!

全てを入力し終えて本編開始だ。ちなみに4話までは無料体験版でプレイできるぞ!

日本では、謎の機械獣軍団の脅威に脅かされており、敵の襲来を知らせるサイレンが鳴り響いていた。

使命感に満ち溢れた主人公は、避難誘導のボランティアでもするのかと思ったら……軍の機体である「ヒュッケバイン30」で出撃したではないか。

オイオイオイ……死ぬわアイツ。

しかし、そんな予想に反して主人公は圧倒的な実力で敵を屠る。

ちなみに僕は戦闘アニメは基本ON派だ。見飽きてきたらスキップするけど……。

機械獣軍団を退けるも、軍の機体の無断使用によって拘束されるおじさん。まあそりゃそうだよね……。

しかし適性な人材が他に居なかったため、なし崩し的にヒュッケバイン30のパイロットに任命された。

って、そのシチュ……まるで一年戦争の英雄の……

アムロ・レイみたいじゃん……!

新システムで強化しまくれ!
主人公たちが所属する部隊はデフォルトでは「ドライクロイツ」という名称だが、自由に変更可能だ。

せっかくだし考えてみるか。うーむ、そうだな……。

部隊名「ゲムスパ」に決定!

折に触れて「ゲムスパ」の名前が呼ばれるので吹き出してしまう。

そんな編集長……ではなく、ミツバが艦長を務める戦艦「ドライストレーガー」では、通常の機体改造に加えてAOSアップデートと呼ばれる特殊な強化が可能だ。

AOSアップデートは、ドライストレーガー自体の強化はもちろん、資金の入手倍率の増加や、味方機体の性能を向上させる強化もある。

こちらはAOSアップデートで上限を突破してフル改造になったヒュッケバイン30。

ゲッターやマジンガーなどのスーパーロボットを差し置いて優先的に改造し、序盤の内に主人公をエースパイロットにする目論見だ。

僕はある程度資金を貯め、無改造から一気にフル改造するのが好きだ。あんなにお荷物だったおじさんも一気にエースパイロットだ!

また本作のシナリオ進行には、新システムのタクティカル・エリア・セレクトが採用されている。従来のシリーズは、ルート分岐以外は決められた順番でシナリオが進行していたが、本作では複数存在するミッションの中から自由に選択出来るのだ。

「お気入りの機体が参戦するこのミッションから始めよう」なんてことも可能。過去作では、目当ての機体の参戦がゲーム終盤で結局あまり使えなかった……なんてこともあったので、ミッションが選択式なのは嬉しいな!

ただ、ミッションの中には「指定された機体で何体以上敵を撃墜」などの解放条件があり、同じ機体ばっかり使わず、満遍なく活躍させる必要がありそうだ。

って、フル改造したのに思ったほど出番がない!?

過去のエースパイロットは今では……
満遍なく色々な機体を使うといっても、原作を知らない機体は思い入れがないため育成を後回しにしてしまいがちだ。過去の『スパロボ』シリーズをプレイしていた時も使う機体がかなり偏っていた。

ただ、一昔前なら参戦作品のアニメを見ようと思ったらわざわざレンタルショップまで行く必要があったのが、今は動画配信サービスが充実しているため自宅で気軽に視聴出来る。便利な世の中になったもんだ。

普段アニメはあまり見ないのだけど、『スパロボ』新作の発売前後だけはアニメ漬けになっている。

おかげでどの機体も均等に育てるようになり、一時はエースパイロットの座に居た主人公は、いつの間にか他のキャラクターに撃墜数1位の座を奪われてしまっていた。

好きなアニメと推しキャラが増えたことにより、さらに2位、3位の座も奪われ、いつの間にか存在感を失っていく。

そして今では……

移動したマス分だけ資金やポイントが手に入る強化パーツを装備した非戦闘員に……。

マップの端っこで右往左往するだけの悲しき存在となってしまった。


クリア時間は60時間ほど。手つかずのミッションもいくつかあったので、全て遊びつくそうと思うともっと時間がかかると思います。

『スパロボ』シリーズに限らず戦略シミュレーションで一番嫌いなのが、ゲーム終盤マップでよくある大量の敵の増援なのですが、本作では控えめだったように感じました。

そのおかげか、休憩無しでほとんどぶっ通しでプレイしちゃっていました。

DLCでの参戦作品の追加については「本編に出し惜しみされるようになったら嫌だな……」なんて気持ちもありますが、『サクラ大戦』のようにこれまで熱望されていたタイトル参戦のきっかけになるなら嬉しいですね。「ゼーガペイン」と「地球防衛企業ダイ・ガード」と「魔神英雄伝ワタル2」が来たら個人的に最高です!

『スーパーロボット大戦30』はPS4/ニンテンドースイッチ/PCを対象に発売中です。

吉田輝和のプロフィール:自画像の絵日記を20年以上書き続けている謎のおじさん。近年、「ちおちゃんの通学路(KADOKAWA)」や「お稲荷JKたまもちゃん(一迅社)」、「からかい上手の高木さん(小学館)」などの人気漫画のモブキャラとして登場しており、これまでアニメ作品に3回登場した。何故こんなに漫画に登場しているのか、描いた漫画家も吉田本人もよくわからないらしい。 最近、『スカイリム』を二人でプレイする絵日記企画「スカイリム二重人格ロールプレイの旅」をはじめた。同企画の最新話通知用Twitterはこちら。吉田輝和個人のTwitterはこちら。

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル