top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

離乳食中期の1週間分の献立!主食+1品で簡単にすぐできる

たべぷろ

生後7~8ヵ月ころの「モグモグ期」には、舌でつぶせる程度の柔らかさの食事を日に2回用意します。食材をその柔らかさにするには、すりつぶしたり柔らかく煮たりと手間がかかりますよね。仕事から帰ってきて、赤ちゃんのお世話をして、大人の夕食の準備も…となると、なかなか毎日完璧にはできません。
栄養満点でおいしいものを食べさせたいけれど「今日はどうしても時間がない!」というときは、主食+1品で済む献立がおすすめ。片付けも簡単です。簡単ですぐできる離乳食中期の献立を、1週間分ご紹介します。

離乳食中期は「モグモグ期」!作り置きや買い置きで手軽に

モグモグ期の離乳食中期は、まだ硬いものは食べられません。目安は豆腐くらいです。

※参照サイト
離乳食中期(7~8か月頃) 離乳食の進め方なら和光堂わこちゃんカフェ

赤ちゃん用の食事を大人の分から取り分けるにしても、茹で加減や大きさを調整しながらの調理はかえって面倒です。時間がなくて手間をかけられないときのために、作り置きの冷凍や買い置き食材を常備しておきましょう。あると便利なお役立ちストックを紹介します。

主食は穀物!ごはんや麺は小分け冷凍を

主食のお粥やうどん、パンは切ったり柔らかくしたりしたものを1食分ずつ冷凍しておくと便利です。のせる具を変えれば、レパートリーも無限大。特にお粥は一度にたくさんできてしまうので、小分けにして冷凍しておけば時間も調理費用も節約に。

広告の後にも続きます

お弁当用のアルミカップは、少量を冷凍するときに便利です。ただし、電子レンジを使って解凍するときは別の器に移し替えて!週末など時間のあるときにまとめて炊いておきましょう。

栄養が心配なときは缶詰や冷凍野菜でもう一品!

ツナの水煮缶やクリームコーン缶、冷凍した茹でたかぼちゃなどは「もう一品」のときの強い味方。

つぶした野菜に鰹節や出汁で味付けして小鉢にしたり、クリーム缶で具沢山のスープにしたり。簡単に1品が増やせます。成長に合わせて、味付けや柔らかさを調整しましょう。

いつものおかずも鰹節やごまで風味豊かに

鰹節やごま、海苔などを常備しておくと、いつもと同じメニューの「ちょい変」ができます。お粥に混ぜたり、豆腐にのせたり、汁物やおかずに混ぜたり。食の細い子どもも「お気に入りの風味」が見つかれば、なんでも食べてくれるようになるかも!少しずつ、いろいろなものを混ぜて好みを確認しましょう。

ベビーフードを買い置きしておけば、こんなメニューも簡単に!
ベビーフード活用グラタン15分レシピ!ママ管理栄養士おすすめ離乳食

主食+1品で簡単!離乳食中期の献立1週間分

粥や麺などの主食に具をのせて栄養のバランスを整え、おかずはもう1品だけの簡単献立。忙しいママも、仕事帰りのパパも、簡単に用意できるメニューです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル