top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

二宮和也と有村架純が兄妹に!新春SPドラマ『潜水艦カッペリーニ号の冒険』

テレビドガッチ


二宮和也主演、有村架純共演の新春スペシャルドラマ『潜水艦カッペリーニ号の冒険』(フジテレビ系)が、2022年1月3日(月)21時から放送される。

このドラマは、第二次世界大戦中に運命的な出会いを果たすことになる、厳格な日本海軍軍人と陽気なイタリア人たちの国境を超えた友情と恋の物語。メガホンを取るのはホイチョイ・プロダクションズの馬場康夫。馬場が「一気に引き込まれた」という実話に着想を得て、数々のヒットCMを世に放つトップクリエイターの澤本嘉光が脚本を執筆。構想から25年の時を経て、このたび、CG技術を駆使した壮大なスケールで映像化が実現する。

二宮は、今作の主人公であり、厳格な日本海軍少佐・速水洋平(はやみ・ようへい)を演じる。国民的アイドルグループ・嵐での活動休止後、今作が初のドラマ出演作となり、フジテレビドラマへの出演は2016年放送の『坊っちゃん』以来6年ぶり、テレビドラマには『ブラックペアン』(TBS系、2018年)以来4年ぶりの出演となる。ハリウッドデビュー作となった『硫黄島からの手紙』(2006年)で陸軍一等兵を演じた二宮が、今作では海軍少佐として16年ぶりに軍服姿を披露する。また、今作ではイタリア語の台詞や歌唱にも挑戦。長台詞でまくしたてるシーンもある中、完璧な発音でイタリア人キャストや監督を“鳥肌もの”とうならせた。2022年には主演映画『TANG タング』『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』などの大作も控えており、俳優としてめざましい活躍を続ける二宮からますます目が離せない。

一方、速水の妹・早季子(さきこ)を演じる有村は、ドラマ、映画、舞台、CMなど多岐にわたり活躍を続ける国民的女優。今年は大ヒットを記録した主演映画『花束みたいな恋をした』やドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)などの話題作に立て続けに出演。今夏に公開された映画版『太陽の子』では、第二次世界大戦末期、時代に翻弄されながらもひたむきに生きる若者を等身大で演じ、深い感動を呼んだ。今作では戦時下でも希望を失わない心優しい小学校教員を演じ、児童たちの健やかな成長を温かく見守る。

二宮と有村は、二宮の主演ドラマ『弱くても勝てます~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系、2014年)以来8年ぶり2度目のドラマ共演となる。

日本、ドイツ、イタリアを中心とする枢軸国と、アメリカ、イギリスを中心とする連合国の間で戦われた第二次世界大戦。初めこそ同盟国だった日本とイタリアだが、1943年、イタリア国内で政権が交代したことでイタリアは連合国側につくことになった。こうして互いに敵対する国同士になった日本とイタリアだが、そんな状況をつゆ知らず、潜水艦コマンダンテ・カッペリーニ号で日本へ物資輸送のために向かっていた間の悪いイタリア人たちがいた。彼らの名はアベーレ、シモーネ、アンジェロ。「俺たち、最高の仲間だからな」が口癖の愉快な仲良しトリオだ。日本から大歓迎を受けることを期待し浮かれる3人だが、待ち受けていたのは鬼の形相をした速水だった。

速水は誰よりも愛国心を誓い、曲がったことが大嫌いな日本海軍少佐。“我が命は国を守るためにこそある”と信じてやまない超堅物だ。かつて、潜水艦戦術研究の目的でイタリアのジェノバに2年滞在していたためイタリア語は流ちょうに話せるが、“食べて歌って恋をして”を信条にするイタリア人の軟派な国民性を毛嫌いしている。敵対する側に寝返ったことでイタリアに対する嫌悪感はピークに達し、捕虜にした3人のイタリア人にきつく当たる。

一方、速水の妹・早季子は小学校の教員。頑固で融通が利かない兄をさりげなくサポートするしっかり者だ。愛情深い性格で児童たちからも慕われている。日本に上陸後、捕虜になってしまったアベーレ、シモーネ、アンジェロの面倒を実家の旅館で見ることになるが、アベーレに一目ぼれされ、熱烈なアタックを受けることに。この恋沙汰が速水の逆鱗に触れ、速水たちとイタリア人たちの間に大激震が走ることになる。

価値観、人生観、言語、全てが異なる日本人とイタリア人。衝突を繰り返し、トラブル続きの日々を送る速水たちだが、どんなにつらい状況であっても人生を謳歌しようとするイタリア人の前向きな姿勢と愛情深い心に接しているうちに、速水の凝り固まった心も次第に和らいでいき、国境を越えた確かな友情が芽生えていく。コミカルな会話劇が繰り広げられる一方で、戦火の足音は日に日に大きくなり、両者の間に芽生えた友情は無情にも引き裂かれていくことになる。時代に翻弄され、命の危機にさらされた彼らを待ち受ける運命とは?

<二宮和也 コメント>
――台本を読んだ時の感想。

戦時中のお話なのですが、人間と人間のいろいろなものを感じる話だと思いました。

――撮影を振り返って。

イタリア人の方々とお芝居したことがなかったので新鮮でした。

――有村さんとの共演について。

お芝居は何年も機会がなかったのですが、バラエティ番組などでご一緒する機会がありましたので、自然と懐かしさはなかったです。

――視聴者の皆様へのメッセージ。

是非、人間模様を楽しんでいただきたいなと思います。戦争というものよりも、そんな最中(さなか)にこんな人間がいたのか、というところを感じていただけたらと思います。

<有村架純 コメント>
――台本を読んだ時の感想。

実際に存在したイタリア、ドイツ、日本と渡り歩いた潜水艦を舞台に、イタリア人兵士たちと日本人の間に繰り広げられる物語を全体的にポップに描いていて読みやすく、ある種漫画を読んでいるような、そんな印象を受けました。しかしながら、当時の時代の中にある理不尽さや時代が持つ狂気も感じられるので、メッセージ性のある台本だと思いました。

――撮影を振り返って。

イタリア兵士を演じられた役者さんがイタリア出身の方々で、現場にはイタリア語が飛び交っていました。とても新鮮でしたし、皆さん明るく陽気で、現場に行く度に元気をいただけたことを覚えています。

――二宮さんとの共演について。

作品では久しぶりにご一緒させて頂きましたが、変わらない二宮さんがそこにいてくださり、安心して現場にいることができました。以前とは少し話せることも変わって、個人的に時間の流れを感じ、感慨深かったです。

――視聴者の皆様へのメッセージ。

その時代にある社会情勢などは調べなければわからないことも、こうして作品に携わらせていただくことで学ぶことが多いといつも感じます。是非皆様もご覧になって、少しでも何かを得ることができたらうれしいです。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル